マイクは1960年式のパンヘッド。仲間うちでは一番旧いハーレーだ。

昨日ロッキーのハーレーで旧さを紹介したが、それより全然旧いとは思えないぐらい、かなり綺麗に乗っている。

ちなみに2007年のUTCの時の写真が出てきたが、ほとんど変わらない(笑)。今から14年前という計算になるのだが、当時から昔のハーレーとは思えないぐらい綺麗である(イキッて乗ってるのは若かりし日のボクです:笑)。

そんなマイクにしては珍しく、今回は小洒落た飾りを作ってきていた。フレームの赤いカラーに合わせたのか、なかなかシャレが効いてて面白い(笑)。

スポンサーリンク

ただ、シートはムキ出しの鉄板を塗装したのみ…(汗)。本来はシートベースとして、ここからウレタンを貼って革を貼ってシートを作る訳だが…(汗)。そして、何故か後ろのキャリアにはシートが貼ってある(汗)。

「ケツ痛くないの?」「痛いッス」。リジッドでサスペンションがないのだから、痛くない訳がない(汗)。この状態で高速を乗ってバイブズミーティングに参加してきたという事か……

なかなか理解されにくいであろうヤツもまた、やっぱりワイルドマンなのであった(笑)。

スポンサーリンク