8月に入り、相変わらず猛暑が続き、台風まで来ている。こんな暑さでもウィルスの侵攻は止まらず、自粛ムードのストレスも続いている

いつの間にか2年目に突入して自粛する生活が当たり前になっているが、オレたちはなるべく人に関わらない様にしながら呑めるお店を見つけて呑みに出かけたりして、それなりにストレスも抱えず上手くやっている様な気がする

基本は出歩く時もバイクに乗る時も近場ばかりをウロついているが、ヨメさんと2人でくだらない事をワーワー言いながら2人のペースで生きていけている様に思う(写真を見てもらえばわかる様に、基本オレたち以外に他の人は居ない。人が少ない時間帯を人が少ない住宅地の中を選んで、人に会わない様に呑み歩いているからで、東京の池袋で暮らし、この状況を選び続けているのはなかなかの達人なのだ:笑)

行く店も偏って同じ店ばかりになってしまうが、それでも大した不満もなく2年目に突入しているのだから、きっとマシな方だと思う

スポンサーリンク

実家にも帰省してないし、何処に行くにも誰かを誘いづらい状況が続く中、皆さんは上手くやれているだろうか? オレはコロナ禍の前から影響しない仕事を選んでいたが、一応仕事もプライベートもそこそこ充実した生活を送れている気がするし、ヨメさんと夫婦漫才みたいな毎日を過ごしているが、こうなるとやはり家族というか相手が居る事は重要な事で、知らない内に随分助けられ、気も紛れているのだと思う

もともと脱サラしてフリーの仕事を始めた時に、家族の協力なくして個人の成功などあり得ないと心に誓って大切にしているつもりだが、その時はこんな事になるとは思わなかったし、やっぱり重要なんだろうなという事を改めて気づかされた様にも思う

この日も呑みながら「今年の冬こそ落ち着いて高知にでも行きたい」と話していたが、またそんな時が来る事を願っているし、家族と乗り越えて行きたいと思うのだった

スポンサーリンク