財布と一緒にお願いしたバッグのリメイク

ベースはオールド・コーチと呼ばれるヴィンテージバッグを古着屋で安く見つけたモノで(たしか¥3000〜4000)、革の風合いがとても良かったのだけれど、女モノなのかベルトが短くて、このまま使うには使いづらかった

ただ、モノはとても良くてしっかりしているし、下の両脇にはマチまで取ってあるので、薄い割には容量もある

ジッパー付きの内ポケまで付いているので、これをメディスンバッグ(インディアンが噛みタバコなんかを入れるバッグ)にリメイクして、財布をシンプルにした事で入らなくなったタバコやスマホなんかを入れられる様にしようと思ったわけだ

ただ、金具が銀色のシルバーだったりするのが気に入らなくて、どうせベルトも変えるなら、この辺りの金具も全部真鍮に揃えようと計画した

スポンサーリンク

で、浅草橋の革問屋で同じ幅で同じ風合いの革ベルトを買って、幅に合う真鍮の金属金具を合羽橋の問屋街で買ってきたわけです

裏側に留まっていたビスも銀色だったので真鍮に揃えてもらい、完璧な状態

何でこのデザインの金具にしたかと言うと、仕上げにコンチョを着けるつもりで、それにはこのデザインの金具がピッタリだと思ったわけだ

家に帰って来てから、前の財布で使わなくなったコンチョを移植して完成

リメイクされたオレ流のメディスンバッグ(笑)。コーチの人が怒りそうなぐらい、ボディの本体以外は全差し替えで、面影は全くない(笑)

でも、カッコイイでしょう? 昨日の財布でも触れたけど、生活が変わって用途も変わったので、近所を出歩く時は財布のみ、バイクに乗る時にはこのメディスンバッグを背負えば良いという、オレなりの結論なのでした(笑)

スポンサーリンク