念願だった財布が遂に完成しました(笑)

革は牛革のヴェリーというお腹の部分にエナメル加工を施したイタリアンレザー(お値段なんと¥1200:笑)に、プレイハンドやドクロのフックは前の財布で使っていたパーツを移植しました

財布 ガルシア

前の財布もコダワッて作った1点モノで、気に入って使ってたんだけど、とにかくゴツイ(まぁ、ゴツく作ったのだが)

タバコを入れられるポケットを作って、夏場に薄着になってもタバコ入れとして使える様に工夫したり

小銭はズボンのポケットに入れる習慣のオレは、小銭入れの代わりにキーフックを付けたり

冬場にコートなんかを着た時には膨らまない様にポケットを外して使える様にしたりと、ギミック満載だったわけです(笑)

スポンサーリンク

気に入って愛用していたものの、数年前に仕事を辞めてから『通勤』をしなくなって、カードも減ったし、財布として使う用途が全く変わってしまった(汗)

それならばマネークリップとして金具で抑える『札入れタイプ』の財布に変更しようと思った訳だが、以前ブログで取り上げた様に、上野まで見に行ったものの、どれも似た様なデザインばかりで、気に入ったカタチの財布は見つからなかった

マネークリップの札入れというのは、ビジネスマンがスーツの上着の内ポケットに入れる様なイメージで、薄くてペラッペラの、かさばらないカタチが多い

オレはマネークリップで固定するシンプルなデザインは良いのだが、そこそこ厚みもあってしっかりしたタイプ、そして、単純な2つ折りだけではなく、2つ折りに畳んだ上でボタンでも留めて、パカパカ開かないし、ウォレットチェーンも取り付けられて、落とさない様にもできるカタチにコダワッたのだ

なので、最小限の免許証やカードを入れられるポケットは付けてもらい、財布の後ろ側にはSuicaを入れる為だけの『隠しポケット』を作ってもらった(笑)

ウォレットチェーンも移植すれば完璧(笑)。これでバイクに乗る時も落とさないし、近所を呑みに出歩く時にも使える

自分の今の生活に合った、お気に入りの財布が無事に完成して大満足(笑)

今度こそ落とさない様に、気をつけようと思う(汗)

スポンサーリンク