オレが通っている馴染みの居酒屋さんの向かいには、いつも行列が並んでいる小さいラーメン屋さんがあって、マスター1人で切り盛りしている

バンドマンでオレより歳上のマスターは気難しい人で、仲良くなったキッカケは緊急事態宣言の自粛ムードの中で、居酒屋さんのお客が激減してしまって困っている話を聞いたオレが、「向かいのラーメン屋さんで並んで待っている人に待っている間に居酒屋で呑んで、空いたら〆にラーメンを食べてもらえば一石二鳥じゃん?」と提案した所、居酒屋のマスターから「なかなか気難しい人だから…」と言われた為、「それじゃあオレとヨメさんで一度ラーメンを食べてみて『向かいの居酒屋さんから薦められました♡』って言えば居酒屋さんに対しての印象も変わるのでは?」というアイデアだった

それから居酒屋さんとラーメン屋さんの関係は改善されて本当に良くなったものの、ラーメン屋さんのマスターは居酒屋さんよりオレと話す方が多く、居酒屋さんとラーメン屋さんの間に入るようなポジションになって、ラーメン屋さんから聞いた話を居酒屋さんにすると「え? そうなんですか?」なんて情報交換がされる、橋渡し的なポジションになってしまった(汗)

スポンサーリンク

オレも含めて共通する事で全員が『ネコ』を飼っているのだが、居酒屋のマスターはオレとネコの話題で盛り上がるがラーメン屋さんとネコの話はしない、逆にラーメン屋さんもオレとネコの話題で盛り上がるが居酒屋さんとネコの話はしないといった、おかしな関係になっていた(汗)

ラーメン屋さんのネコはペットショップで買ってきてまだ生後半年ぐらいと小さいのだが、病気になってしまったらしく、抗がん剤治療を受けているという

苦しそうで心配だし、何とかしてあげたいと思っているのだが、余りに苦しそうならいっそ楽にしてあげて欲しいと獣医さんには伝えているらしい

気難しい人なので余り相談できる人も少ないのか、居酒屋の外の喫煙スペースでオレがタバコを吸っていると店から出てきて、そんな話をよくしていた

オレも自分のペットシッターさんから教えてもらった信頼できる大きな動物病院なんかを教えてあげたりして相談に乗っていたのだが、ある日居酒屋のトイレから戻るとヨメさんから「ラーメン屋さんのマスターが外から覗いてたけど探してたんじゃない?」と言われ、外に出てみると案の定ラーメン屋のマスターも出てきた

そこで憔悴したマスターから治療を続けてきたネコが、ついに亡くなってしまった話を聞かされる事になるのである

(つづく)

スポンサーリンク