と、いうわけでバイクも無事(?)復活し、今年も稲妻フェスティバルに行ってきました(汗)

今年は横浜の山下公園の隣り、山下埠頭という事なので自宅からは高速を使って1時間ちょいである(オレの背中が心なしか疲れて見えるところも、泣く泣くウィンカーを戻した精神状態を現しているかのようで面白い:笑)

毎年参加しているのは主催している出版社とフリーになる前に付き合いがあったからで、去年までお台場で開催されていた稲妻フェスティバルだが、来年の東京オリンピックの影響で今年は会場が変わる事になって、ギリギリまで場所が決まらなかった

そのドタバタのせいか、会場に駐輪場は無いらしく、結構離れた場所に作られた専用駐車場に停めて、そこから定期的に出るシャトルバスに乗って会場まで行くらしい……

シャトルバス……そんな遠いの? ちょっと面倒くさいなぁと思いつつ、山下公園は今年の秋にお義父さん・お義母さんのクルージングを見送りに行った場所の近くでもあって、その時にバイクを停めた赤レンガ倉庫にある無料駐輪場の存在を思い出した。日曜日なので混みそうではあるが、オレのバイク1台ぐらいならうまく停められるかも知れない…

そう思って行ってみると、案の定満車状態。ただ、かなり奥まったスペースにギリギリ1台停めれる場所を発見し、確保する事に成功した

ラッキーだったがここから会場まで30分以上歩く事になる。ここから更に遠い駐輪場に停めてシャトルバスを待って移動するよりマシかも知れないが、この日は日曜日だけあって稲妻フェスティバル以外にもイベントが重なっているのか、多くの人で賑わっていた

そんな中、お義父さん・お義母さんのクルージングを見送りに来た時と同じ船が停泊していた。一番奥の船が同じ船だが、とにかくデカイ(汗)。まるでマンションが浮いているかのようである…まさにクルージングだ

天気も良いのでオレたちのテンションも高いが、ここから相当歩く事になり、早くも疲れてきた(汗)。ちなみに陽気に見える2人だが、バイクなので当然シラフである(汗)

やっと会場に到着、ただ、入り口はまだ先で、もう少し歩かなければならない

天気も良いので大賑わいであるが、朝は風が強くて大変だったらしい。吹きっさらしの埠頭ならそういう問題もあるという事か…

中に入ると知り合いが出店しているのを発見。1人でやっているお店で、挨拶も束の間に「トイレに行きたいんですけど店番をお願いできませんか?」と言われ、ヘルプに入った。ヨメさんにはサクラとして物色しているお客さんを演じてもらった(笑)

無事交代して改めて会場内を歩く。広いなぁ…

今年のバイブズミーティングでシンさんから自転車を2台買ってくれたお店も出店していた(笑)。「横浜の方でお店をやっている」と聞いていたので「(もしかしたら…)」と思ったが、面白い出会いである

毎年来ているものの、特に何か欲しいわけでもないので去年もロクとロサにヌイグルミを買って帰っただけだった(笑)。今年も同じお店を発見し、ヨメさんと相談して迷ったが、何も買わないのも何しに来たのか解らないので、またヌイグルミを買って帰った(笑)

広い会場を2周して、疲れたので帰る事にした(汗)。ここから駐輪場まで戻る事を考えると、体力を残しておかなければならない。ヨメさんは真剣にシャトルバス以外のバスとレンタサイクルを調べていたが、良い移動手段は見つからなかった

と、思ったらシャトルバスを発見。なるほど、あのバスか…。こうなるとどっちが良かったのか迷ってしまう(汗)

そんなオレの気持ちも知らずに、ヨメさんが駐輪場へ向かう途中の店で「ソフトクリームが食べたい」と言いだした(汗)

『象の鼻ソフト』らしいが、象の目を表す丸いチョコが早々に取れてしまった為に、何だかよく解らない食べものになってしまった(汗)。甘党の人はこういうのをキッカケでテンションが復活できるのかも知れないが、オレには無縁である

でも天気の良い日にバイクで高速を走れて良かった

満足そうにソフトクリームを食べてるヨメさんに「いいから早く帰ってビール呑もうゼ」最後の写真は、そんなやり取りの1枚であった(笑)