少し前に行ってきた健康診断の結果で出て、去年よりも肝機能や尿酸値といったお酒に関する数値がのきなみ下がっていた

何よりなのだが納得できない所もあって、去年受けた時に医者から「数値が高くなってるから気をつけなさい」と注意を受けて、個人的にはしばらく酒を控えて健康診断を受けていたぐらいだったので納得がいかず、改めて禁酒を続けてもう一度血液検査だけ受け直していた

が、それでも下がらず「(おかしいな…)」と思いつつ、無料で受けられる検査なのをいい事に更にもう一度受けてみたものの、それでも変わらなくて諦めていたのだ

最後に受けた時には殆んど呑まなかったのだが、自分の中では『これで数値が下がるなら今後も続けられるペース』として受けたつもりだったのに、数値はやっぱり変わらずで諦めていたのが、今年は結構呑んでいる日が続いていたのに健康診断に行く暇がなくて、何も調整しない、ある意味『ありのまま』でとりあえず受けるだけ受けてみただけの結果だったのである

だから数値が下がったと聞いても自分自身で自覚が無いし、医者も「どうしてでしょうかね…」と困惑していたぐらいで、二人して『まぁ、下がったんならいいか……』と、半ばうやむやのまま納得して帰ってきたぐらいだった(汗)

こんな酒呑みなのでサラリーマン時代はよく呑みに行ったが、それでも後半は会社の人と呑む事が殆んどなくなった。酒が呑めるのに行かなくなったのは、単純に『楽しくなくなった』からが大きな理由で、逆に呑めるだけに馬鹿馬鹿しくなってきたというか、お金がもったいない気がしてきてしまった

もちろんミーティングやバイクの仲間となんかは変わらず呑むので別にそういった『場』が嫌いなわけじゃないし、むしろ好きな部類なのは変わらないのだが、一緒に呑むカテゴリとして『会社の人と呑む事』は嫌いになった

不思議なのはヨメさんで、結婚する前からずっと2人でよく呑みに行く。家でも呑むし外に呑みにも行くし、高知や沼津なんかも呑む事が楽しみなぐらいで、我ながらよくもまぁ、しょっちゅう一緒に居ると思う(汗)

平日の日中に仕事をしている時間は別にしても、オレたちはかなり一緒に顔を合わせている時間が多い方だと思うのだが、よくもまぁ、話す事が尽きないもんだと我ながら不思議に思うし、夫婦二人で呑み過ぎてフラフラになって帰ってくるなんて良い方で、ひどければヨメさんがゲロを吐いたり、オレがイカの刺身に当たって病院で点滴を打ったりしてるぐらいだから(しかも四国一周の最中)、失敗もしているのに懲りてないという事になる(汗)

それでも言える事は、自分のヨメさんが呑める相手でよかったし、多分それはヨメさんも同じだと思う。会社では馬鹿馬鹿しくなって、お金がもったいないとまで思った事が、今もヨメさんとは頻繁に続けている事は不思議で面白い。そして失敗も経験した上で今も続けているのだから間抜けな夫婦でもあって、それでも『お互い呑めてよかった』というのだから、やっぱりバカな二人なのかも知れない(笑)

*ちなみに健康診断では身長が2cm伸びていた(汗)。自分の身体がワケのわからん領域に入ってきたようである