もう年末の忙しさに入っているからなのか、ヨメさんの仕事が連日遅い日が続き、疲労と寝不足でヘバッていた

オレはヨメさんが遅かろうと早かろうと仕事をしている時間はいつも大体同じなのだが、「今日も遅かった」「明日も遅いと思う」「今週はずっとこんならしい」と嘆き、すっかりショボくれて元気がない

以前もこんな時に大量のお菓子を買ってヨメさんに持たせ、オレのようにタバコを吸ったりする『小休憩』があるわけではないヨメさんに、『ひと息つける楽しみ』を与え、「仕事が遅い時にはコレを楽しみにもうひと踏ん張り頑張れ」と励ました

上は今年の2月の時の写真だが、それを思い出して「(またお菓子でも用意してやるか…)」と昼間にお菓子を買いに行き、大量のお菓子をヨメさんに持たせた

案の定ヨメさんは大層喜んで持っていったのだが、ここで思わぬ事件が起きた

個包装で分けられたお菓子を毎日頻繁に持っていく姿を不審に思い始め、ヨメさんに問いつめてみると仕事が遅くなくても昼間にロッカーでこっそりガツガツ食べているという(汗)

しかも酷い時は、会社に着いて朝いきなり食べているというのだ(怒)

そりゃ減るのも早いわけだし「お前なぁ…『仕事が遅い時に』って持たせたお菓子だろ? お腹が空いた時の非常食みたいなモンで、コレを食べてもうひと踏ん張り頑張れよって持たせてるのに、なんで会社に着いて朝いきなり食うんだよ?」と言うと「(お菓子が)あると解ってるとつい食べちゃうの」と言う(汗)

それも解らなくもないが、子供じゃあるまいし、我慢して調整しなさいよ(汗)

お菓子だってタダじゃないんだし、そもそも最近は帰ってくるのも早いだろ?と言っても「解ってるんだけど…」なんて言いながらもどんどん減っていくお菓子をみて、イチかバチか逆転の作戦に出た

もう一度同じくらいの量のお菓子を買ってきて、ヨメさんが飽きるか・我が家の財源が尽きるかの賭けに出たのだ

こんな事になるんなら最初に買ったお菓子の写真も撮っておくべきだったと後悔しつつ、そんなオレの気持ちも知らずにキャーキャー大喜びで袋から出していく

全部はバケツに入らないぐらい、ものスゴイ量のお菓子でいっぱいになってヨメさんは舞い上がっているが、これが吉と出るか凶と出るか…

オレが「(……お前、何しに会社行ってんだ?)」と思ったのは言うまでもない(汗)