オレたちは毎年出店する時に駄菓子を用意していて、買ってくれたお客さんに1品手渡している。キャンプツーリングだし、夜の酒の肴にでも…という理由からで、今年も40〜50人分用意していた

駄菓子なので大した金額じゃないし、気持ち程度なのだが、子供連れのお客さんなら別に買ってくれなくても子供にだけは配ったりしていた

今年はビールを1ケースと焼酎×2本を用意していたのだが、それは自分たち以外にも遊びに来てくれた人に振る舞うつもりで用意したものだ

ダニエルやロッキーたちが向かっている最中、オレたちのお店のブースの真後ろで二人の男性がかなり密接した距離にテントを張ろうとしていて、出店エリアだし、ダニエルたちにテントを張らせて店を手伝ってもらうつもりだったので二人の男性には「人が来るからここは止めて欲しい」と断わった

結果少し離れた場所で二人の男性はテントを張ったのだが、ダニエルたちは遠い駐輪場に誘導されてしまい、荷物をかかえてゴルフコースを越えてまでは来れなかった

仕方のない事なのだがそうなると気まずくなってしまい、人が来ると言っておきながら、オレの店の後ろは不自然なスペースが空いたままで、そのまま夜になってしまった

夜、二人の男性の所に缶ビールと駄菓子を持っていき「わざわざ移動してもらったが、手違いでココまで来れなかった。申し訳ない」と謝った

二人の男性も全く怒ってなく「気を使わないで下さい」と恐縮してくれたが、翌日の朝に、「昨日のお礼です」と焼いたパンを持ってきてくれた

何の変哲もないパンに見えるが、カリカリに焼いた温かいパンの中には溶けたバターが入っていて、朝のコーヒーととてもよく合い、ヨメさんとありがたく頂いた

その日に来てくれたお客さんの中に、今年の茨城のツインレイクミーティングで知り合ったタイガくんとセナちゃんがいて、来年結婚するという二人の話を聞きながら、オレの店で4人で呑んだ

翌日の朝、二人が「昨日はご馳走さまでした」と朝食にホットサンドを届けてくれた

多分セナちゃんが作ってくれたと思うが、中にはハムとチーズ、ウインナーが入っていて、とても美味しかった

トモくんには煮物や薫製をご馳走になったり、カツミさんにはシジミの味噌汁や魚の炒め物をご馳走になったり、カズくんにはフライドポテトをご馳走になったりしたが、自分も含めてみんなぞれぞれが普通なら交わらなくても不思議じゃないぐらいの見た目・ガラッパチだとしても、そこでこういった『ふれ合い』が生まれる事は嬉しいし、本当にありがたいと思う

そしてそこには『敬意』と『礼儀』が必ず潜んでいるようにも思う

今回のバイブズミーティングでたくさんの人とふれ合い、改めてそう実感した

みなさん、どうもありがとうございました

ヨメさんと二人、とてもありがたかったです

(つづく)