バイブズミーティング前の話だが、ヨメさんと散歩に行ってきました(バイブズミーティングでの出来事はまとめるのに数日かかると思われますので、しばらくお待ちください)

バイブズミーティング前の慌ただしい準備の中で、やらなきゃならない用事もたくさんあって、オレの『呑みながら散歩に行きたい案』は却下され、夕方までガマンして今日は近場で済ませましょうという事になった

渋々ガレージで作業を進めていたのだが、昼頃にヨメさんが「お腹空いた」と言い出して予定変更。昼の12時から空いてる居酒屋まで歩き、夕方に帰ってきて寝てから、夜中に準備を進めようという事になった(ダメ夫婦だな:汗)

この日はバザーだったみたいで普段通っている道は車が入れないように閉鎖されていた。こんな子供たちが溢れている所を酒を呑みながら唐揚げを食うという怪しい中年男女が通る(汗)

何が売っているのか気になったが子供が多く、教育上良くないのでスルー(笑)

いつもなら途中で寄り道をしたりするのだが、今日は大急ぎで居酒屋に入った(笑)。なんでそうまでしてこの店に来るのかは、安くて美味しいからである

この散歩コースでも2駅分を歩いているのだが、近所にもたくさんあるお店があるのにここまで来るし(しかも歩いて:汗)、自分の行動パターンが悲しいぐらい決まっている(汗)

もともと『広く浅く』派じゃないので、気に入った場所や人に対してそればっかりなのでこうなってしまうし、ブログにまとめる為に写真を撮っても全然新鮮さが無い(汗)。っていうか、前に撮った同じ料理の写真が多数あるぐらいなので、スマホの容量を考えても写真はもういらないのでは?とも思う

それならせめて違うメニューを頼むぐらいした方が良いのだろうな…解っちゃいるのだが、当然ながら『この前食べた美味しかったヤツ』になって、解決しないループが続いているのだ(汗)

そう考えると全くブログに向かない性格なのだが、かれこれ3年以上続いているし、その間は一日も更新を切らした事がないのだがら、地道な努力が続けられながらも行動がズレているという、ワケの解らない性格が鮮明に出ている事になる

こんなワンパターン人間で申し訳なくも思うが、「(でも大体みんなだってそんな感じじゃない?)」といった甘えもあるし、それでもアクセス数は年を重ねるごとに増え続けているのだからありがたい事で、今さら辞められないのかも知れない(汗)

だがヒントもあって、気に入った場所や人ばかりだからこそ、常連として迎えられたり、仲良くなったりもする。コレは意外と侮れない、大切な事だ

オレたちの行動パターンをおさらいするならば『基本どの店も開店直後の空いている時間に行く』『カウンター席中心で同じ席しか座らない』『見た目はいつも二人一緒に来る謎の中年男女(夫婦っぽい)』『同じメニューばかり食べる』というわけで、よほどマナーでも悪くないかぎり、実に覚え易い条件が並ぶ『上客』という事になるわけだ

別にソコを狙っているわけじゃなくて、一点集中型の典型なだけなのだが、冷静に分析すればこういう結果があって、オレたちが行く店の殆んどで仲良くなって受け入れてもらえるようになる理由は、ちゃんとした法則があるのだ

そしてそういった関係は、決して悪くは働かないし、むしろ重ねるごとに色んな優遇を受けたり助けられたりしている。それは近場に限らず、沼津や高知といった遠い所でも同じで、『安くて美味しい』キッカケから『みんな親切』に変わり『また行こう』のループへ発展していくのである

そう考えると一見バカの一つ覚えなだけだけど、結構重要なヒントがあるようにも思うのだった(笑)