高知3日目の朝、香川に帰るという上◯さんの見送りを済ませた。台風10号でバイクが倒されたという話を聞いていたが、それとは別のトラブルでツインカムのハーレーのコンピューターが壊れてしまい(インジェクションの事だろうか?)、交換と修理代に30〜40万もかかるらしい

新しいハーレーの事はよく解らないが、コンピューターが壊れてそんな金額がかかるとは驚きである(汗)古いオレのハーレーには無い部品だが、シンプルな作りの方がよほど壊れないのでは?と思ってしまう(汗)

そんな事情から今回は車で来たと言う上◯さんにお礼を言い、送り出してからひろめ市場に向かう。安◯さんは明日帰るので今日もまたバカ騒ぎになるはずだが、昼過ぎまでは寝ているだろう。まったく70歳近い年寄りとは思えないバイタリティである(笑)

オレたちも毎日何をしているのか解らないような夏休みだが、要はハラも減ったし朝メシがてらに一杯呑むか?なのだ(笑)

だから『しもだ屋』に到着してから「さて、今朝は何を食べるか?」が始まる

ひろめ市場で一番カツオが美味しい店は『麻婆豆腐』と『味付けキュウリ』というメニューも美味いのだが、実はこのメニューを教えた師匠となる人物が、ひろめ市場内の一番すみっこで中華屋を経営しているコーさんだ

だから全く同じメニューがコーさんの店にもあって、コーさんの店でも食べれるのだが、中華屋なのでカツオのタタキなんかは置いていないし、目立たず余り知られていない

ただ、某有名ホテルの板前だった『しもだ屋』の板前さんすら「オレも何回かチャレンジしてみたけど、コーのようには作れなかった」と言っていたぐらいだから、隠れたスゴ腕の料理人なのだ

オレたちにとっての定番メニューでもあるので、朝注文しようとしてもコーさんはなかなか作ってくれない

カツオのタタキがあるお店は11時30分からで、コーさんの店は朝9時からと先に開いているのだが、いつも「これから仕込みだからもうちょっと後で」と断られてしまう

で、見てみるとスマホで朝から競馬中継を見ていたりしている(汗)

結局雇われだから、店が儲かっても儲からなくても給料は変わらないわけで、やる気も大して無いし、マイペースを崩さないのである(笑)

余りに悪びれない様子にコッチも腹が立つというより苦笑いで、こんな付き合いだけど行けばオレたちを覚えていて「いつまで居る?」と人懐っこく色々話しかけてくる(笑)

そんななのでこの日はお寿司を肴に呑む事にした。開いているお店の中から食べたいものを選べば問題ないし、それでも朝9時で色々選べるぐらい充実している

どうせなら違う店でそれぞれの寿司を買ってみた。どっちも美味しいがヨメさんは上の写真のお店の方が好きらしい(笑)

朝からこんなのつまんで呑んでると昼にはお腹も落ち着いて再び眠くなった

夕方あたりに安◯さんから連絡がきてまた騒がしくなりそうだし、体力を復活させる為に一度ホテルに戻る事にした

帰る途中の店で、ヨメさんに浴衣を買ってやった

東京に帰ってから家の近所でお祭りが控えていて、毎年ヨメさんは楽しみにしている

今年は誕生日プレゼントを買ってやれなかったからちょうど良かった