昨日現像してきたマーコさんの写真を、フォトフレームに入れる

写真は普通サイズ2枚と、ひと回り大きいL判というサイズ2枚の計4枚を用意したのでフォトフレームも4つ買ったのだが、うち2枚は観音開きで開いて立てて、お互いを合わせれば閉じられるフォトフレームにしたかったのだが、残念な事にそういったデザインのフォトフレームは売ってなかった

「じゃあ作ろうや」という事になって、同じサイズの色違いのフォトフレームを用意し、それに取り付ける金具として使えそうな木製のBOXを買った

バイクなら『パーツ取り』とでも言おうか、まずは木製のBOXから金具だけをバラして外す

このBOXに決めた理由は、開くだけではなく閉じて留める為の金具も付いているBOXだったからで、極小サイズのネジを精密ドライバーで外していく

作業自体は大した手間じゃないが、極小ネジを1つなくしただけで台無しになってしまうので、酒を呑みながらは止めておいた(笑)

なにせ華奢な作りと素材なので、千枚通しでネジのアタリを出してから留める

いきなりパワー系でネジ込んだりすると、木が割れてしまいそうだからだ

ちなみに左下のネジが浮いて見えるのはまだ刺しただけの状態だからである

閉じて留める部分だけは、位置をしっかり合わせてからネジを入れないと合わなくなってしまうので慎重に

バッチリである。もともと付いていた五角形の『足』は、不要になるので剥がしてしまった

ジャーン。どうだ? 2つを開いた状態で立てれば完成である

開閉するので邪魔なら折り畳めばいい

閉じて固定すれば持ち運びにも便利。

さて、それではコイツを持って、明日から高知に行ってきます(笑)