次に挑んだのが在宅の仕事で、いわゆる内職というヤツだ

実は今、この手の在宅でできる仕事の求人サイトが多数ある

いわゆるニートと呼ばれる引きこもり(オレも?)や、一線から外れた主婦たちが時間を見つけてやれる仕事を選べるようになっているのだが、印象としてはかなり相場が安い

「買い叩かれる」という言葉がピッタリくるような印象で、この金額の仕事でまとまった金額まで稼ぐには、家で何時間働かなきゃならないんだ?というようなレベルだ

そして、始めた(登録した)ばかりの新米では選べない仕事も多く、ある程度こなして実績を重ね、引き受けた仕事の信用を作っていく事も重要なシステムのようである

だから、アンケートに答えてたったの5円とか、まったく話にならない内容でも自分ができる仕事を消化していく必要があり(『海外で生活した方のアンケート』や『FXでの失敗談募集』なんて、解らないジャンルのモノも多い)、贅沢も言ってられない下積み的な作業に苦労する事になる

オレは毎日ブログを続けてきた甲斐があってか、ライティングという文章を書く仕事にすんなりシフトできた。それでも『1文字0.1円を2000文字以上』とかだから、終わらせたって200円程度にしかならないし、メールでのやり取りが主なので作業が進まず、煩わしく感じる事も多い。だが、そんな事を続けているうちに待遇の良いクライアントに出会ったりもした

依頼主と打ち解けたキッカケは腹を割ったメールのやり取りで、向こうの募集に応募してみたら「ホントにやる気のある人のみを募集していますが最後までやりきれますか?」と、かなり高いハードルのメールが来たので、「結果迷惑をかけたら申し訳ないので辞退します」と返信した(笑)

すると「(面白いヤツだ)」とでも思われたのか、特別ワクで採用される事になり、いくつか仕事を済ませるうちに「実は漫画家なんですよね」なんて話になって、サイトのロゴを描いて欲しいとなったり、イラストを描いて欲しいとなったりして、単価の安いライティングの仕事よりも金額が上がっていった

その後、クライアントが管理しているサイトがハッカーによるウイルスにやられ、依頼主のサイトは閉鎖に追い込まれてしまう

サイトに関わったメンバー全員に『申し訳ないが閉鎖する事になりました』と連絡がきたが、オレが「ありがとうございました。また何かあれば力になるので〜」といった主旨の返信をした事がキッカケで、個別で依頼主から連絡が来てオレだけ契約を延長したいと言われ、今は新しく立ち上げた別のサイトの漫画を描く依頼を受けて、打ち合わせをしている

正直依頼主の顔も知らないし、声も聞いた事がない、メールだけのやり取りなのだが、結局そこを越えて繋がるのはお互いの人間性なのかも知れない

そんな事を改めて感じたし、この考えは的中し、他でも人間関係が繋がるようになっていくのであった

(つづく)