自宅1階のドアをノコギリで切った

ロクとロサの出入り口用で、1階でエアコンを使っていてもヤツらが2階にも好きに出入りできるようにする為のもので、2階の入り口はここへ越してきて早々に同じように切って入り口を作ってやっていたのだが、1階と2階を結ぶこのドアは、閉め切ってしまうとヤツらを閉じ込めなくてはならなかった

エアコンも休ませる事を考えると、時間差のタイマーで1階と2階を冷やすようにし、ヤツらは勝手に涼しい方へ行けば良い。ヤツらが自由に出入りできて、エアコンの冷気を逃がさないようにしたかったのだ

ウチは賃貸だが、オレたちが引き払ったらこの家も壊すらしいので、大家さんからは『好きにやって良い』という許可をもらっている

そんな事を言われると「(じゃあ、遠慮なく…)」となるわけで、かなり好き勝手にやっているし、床のニギヤカな柄のクッションクロスはリフォーム業をやっているロッキーが入れてくれたものだ(笑)

↓UTCでの陽気なロッキー。男だけで過ごしている野外でこのテンションの高さは不審極まりないが、盛り上がって写真を撮る方もどうかしている(笑)

開通式じゃないが、これでヤツらは通れるし、綺麗に切ったのでフタをして塞ぐ事もできる

イザという時はこれでフタをすればヤツらも出入りはできないが、フタを開けた状態でも冷気が逃げないようにカーテン的なものを上から下げて、隠したいところである

というわけで、100均で色々物色し、厚手のエプロンを買ってきた。当初はユニットバスなんかに使われるシャワーカーテンを考えていたし、ブルーシートを切って使うかとも思ったのだが、ビニールが薄く、ペラペラ過ぎて軽いのである

ある程度の重さがないとヤツらが通った後に元の位置に戻らないし、ちょっとの風でハラハラ動いてしまうような軽さでは、冷気を逃がしてしまうので意味がない。そういう条件で探した中で、このエプロンが一番しっかりした作りだったのだ

というわけで、厚手のビニールのエプロンをカットし、上から吊り下げる

これでヤツらは通れるし、冷気が逃げる事も抑えられる

「オイお前ら、よかったな? 聞いてるのか?」

最後の写真は、そんなやり取りの1枚である(笑)