久しぶりに回転寿司に行った

オレの誕生日に回らないお寿司屋さんに行ったのだが、「回転寿司はしばらく行ってないから」と、今度は回転寿司の方に行く事になったのだ

が、この日も猛暑で自宅を出た瞬間から既に暑い……

連日の暑さでブログで近所を歩いている写真は短パンばっかりになってしまい、「コイツいっつも同じカッコじゃん」と思われそうだったので、無理してGパンを履いてみた

が、すぐに後悔した(汗)。やはりバイクにでも乗らない限り、Gパンなんて履く必要ないし、逆に言えば今の時期に短パンを履かずしていつ履くのだ!…なのでこれからは短パンに戻るので「同じカッコ」と言わないで欲しい(笑)

二人で日陰を探しながら進む(笑)。子どもの頃こんな遊びがあったかも知れない(笑)

しかし到着して呑む冷たいビールは格別である(笑)。到着した喜びがズレている事は解っているが、ズレたなりの達成感がある

これで¥650(味噌汁つき)はホントに安い。安いからいつも混んでいるし、混んでいるからネタも循環して新鮮、下手な回らない寿司屋よりも美味しいのだ

¥650のセットを二人で1つ食べて、足りない分を1皿単位で好きなネタを食べるのがオレたちの定番で、この方がより安い(笑)

回転寿司だけど、気がつけばここ何年か回っているお寿司を取った事なんてなくて、回転寿司でも注文すれば握って出してくれる。もはや回転してないのだけれど、最後に回っているお寿司を取ったのはいつだったろうか…回転寿司が流れるベルトの上に、絶妙にライトで照らしていて、すごく新鮮でツヤツヤに見えるんだけど、ベルトから降ろすとスモークのようになっていて吐き出しそうになった事が何回かあったっけ(汗)

今ではお店も注文が来てから握る前提だから、ベルトの上で回っているのは寿司ネタが書かれたメニューぐらいで、今のシステムが当たり前になってきて良かったと思う

そりゃ昔みたいなままだったら詐欺みたいなモンだし、下手すりゃ食中毒である

「やっぱマズイって!」と、どこが最初に言い出したのだろうか?

新鮮なお寿司を食べながらそんな事を思うのであった(笑)