しばらく行けなかったお墓参りに行ってきました(爺ちゃん・婆ちゃん、相変わらずバチ当たりなカッコで行くオレを許してくれ)

久々バイクに乗れるので「(やったゼ)」なんて思っていたものの、この日の気温は33℃……自宅からすぐに首都高に乗れる環境はとても助かっているのだが、この入ってすぐの首都高のトンネルが、とんでもなく暑い(汗)

『山手トンネル』という地下深くのトンネルなのだが、物凄い熱波というか熱風で、暑い日は上からミスト状の霧を撒いているぐらいなのだがそれでも暑い(大ゲサに感じるかも知れないが、ホントに凄まじく暑いのです!)

この日は渋滞しているわけでもなくてスムーズに流れていたのだが、体感的には40℃を超えるんじゃないかと思えるぐらいの暑さで(これも後ろに乗っていたヨメさんも言っていたぐらいなのでホントです!)、これで渋滞なんかにハマッたら死ぬんじゃないかと思うし、ハーレーじゃなくて良かったと思ったし、フルフェイスに革ツナギのライダーなんて絶対危ないと思うし、車だって壊れるんじゃないかと思うぐらいで、まるで電子レンジの中を走っているかのよう(汗)

最初に感じた梅雨明けの天気が良い日にバイクに乗れる喜びなんてどこへやら…バイブズで以前読んだアメリカのバイカーが『昼間なんて乗らねぇよ。暑いじゃん』という衝撃の言葉がよみがえったぐらいだった

夏休みに飛行機で高知に行く事にまだ未練があったが、「(やっぱ飛行機で良かったかも…)」と思うぐらい、去年までの地獄の猛暑をイッキに思い出した(汗)

無事お寺に到着した頃には早くも夏バテ気味。この日は早朝4時から起きて11時までマンガを描いて、何も食わずに来た事も原因だと思う。熱中症対策ももちろん大事だが、こうなるとやはり体力づくりは大切なのだ

爺ちゃん婆ちゃんがお世話になっているからあまりデカイ事は言えないが、このお寺は行く度に工事をしていて綺麗になっていくのでさぞかし儲かっているんだと思う。こんな綺麗なお寺に風乗りジョニー号はやっぱり絵的にバチ当たりに見えるが、誠意が伝わればいいのだ

花を添えてお墓を掃除して(掃除したのはヨメだけど)、線香を添えて帰る事にしたが、あの暑さのトンネルを戻る気になれず、帰りは高速を使わずに下の道で帰る事にした(汗)

下はまだ風が当たる分だけ走っていればいくぶん涼しかったが、それでもあちこちで渋滞があって、車の間を抜けて走れる風乗りジョニー号で良かったし、ここでもハーレーで来ていたらと思うとゾッとした

どうせなら途中にあるこの前休みだったガルシアに寄って帰ろうとなったのだが、先に見える空の雲がかなり怪しい雨雲で「アレは、ぜってー雨雲だろ!」と二人でワーワー騒いで結局まっすぐ帰ってきた(笑)

昼過ぎに戻ったが暑さと空腹でヘトヘトで、昼メシがてらに呑みに行ったが、身体に染み渡る冷たいビールがとにかく美味くていつもよりたくさん呑んだ

『とにかく安いけどみんな同じ味がする中華屋』で、早くも夏の洗礼にビビリだし、店に入る前に寄った銀行のATMがエアコンが効いて涼しい事を発見し、ヨメさんに「今度ツマミを買ってATMで呑もうか?」と提案して怒られた

夏は始まったばかり。梅雨もヤダけどこれからはどんどん暑くなる……

みんな、熱中症対策をしっかりして頑張りましょう!