最近ウチの近所でお気に入りの中華屋が見つかった

特にヨメさんが気に入ったのが、ツマミが¥100、¥200、¥300までで分かれ、どれもが少量の為にツマミとして色々選んで食べれるし、安いからである

¥200のチャーシューや冷やしトマトは簡単ですぐ出てくるが、¥300になると炒め物が加わり、レパートリーも増える

↑チンジャオロースー

↑生姜焼き

↑レバニラ炒め

↑辛豆腐炒め

しかし、写真を見た感じで解るように、彩りが同じである(笑)

その通り、味付けがどれも一緒なのだ(笑)

おそらくどれもが甜麺醤(テンメンジャン)と唐辛子を中心に油で炒めただけなので、素材と辛さの違いこそあっても、基本的にどれも同じ味がする(笑)

ただ、¥300なので割り切れるし、中華屋なので昼間の何時であろうと開いていて酒が呑める

天気が悪くて、遠くまで行く気にはなれず、近場でメシでも食うか…なんて時に最適で、これをツマミながら呑んで、〆にラーメンを食べればそれだけでも結構満足できる

不思議なもので割り切ってしまえばコレはコレで充分美味くて、これもまた少量だから許せるのかも知れない(笑)

〆に食べた『汁なしそば』も普通に美味かったが、これもまた同じ彩りなのであった(笑)