今年の独立記念キャンプは雨でスタートし、到着するまで雨に泣かされたミーティングだった。最初から雨の中キャンプをやる経験などあまりなくて、遠い記憶でUTCで出発当日が雨だけど、4泊5日もする1日でしかないから頑張って行ってみようというぐらい。翌日帰る一泊二日の様な今回なら、断念する事が自然なのかも知れない

結論を言うと雨でも楽しかったし『これなら次が雨だとしてもアリかもな』といった所で、雨でも楽しめるという事がわかった

ただ見直す点も多くて、次に行くならもっと考えようという装備も多く、苦労して持っていったのに使わなかったバーベキューコンロは重たい荷物でしかなかったし、鍋もストーブも使わなかった

帰りが晴れたのは助かったが、そうなると『行き』に使っていたカッパも長靴もブルーシートも全て『荷物』として加わるわけで、考えていないわけではなかったが、やはり邪魔になる荷物の分までもっと慎重に考えるべきだった

久しぶりにミーティングに参加したダニエルは飲食の出店ブースの数に驚いていたが、近年のイベントでは中で飲み食いできるお店も充実しているわけで、食べるものには困らない。ダニエル自身もフライパンや包丁、まな板を積んできていたし「冷凍のピラフを作る!」と張り切っていたが結局何も使わなかった(汗)

目的と用途に応じた道具の選別がまだまだ出来ていなかったし、倍に増えた荷物を積んだ帰りに首都高で渋滞に遭遇し、猛暑の中で空冷のハーレーで止まっているわけにもいかず、道幅が狭い首都高でクルマのミラーに当てないように走って抜けていく運転に生きた心地がしなかった(汗)

スムーズに帰れれば感じる事もなかっただろうが、いざそういう局面になると野外でろくに寝てない体力的な疲労が出てきたりもするわけで、雨の問題に限らず想定外に起きる渋滞の問題なんかにしても、やはり荷物は少なく軽い方が良いのだ

無事に帰ってこれたけど、危機回避能力とでも言おうか、安全に走れるスタンスを確保する為に考える事は重要に思うし、オレで言うなら最近の長距離で走ったヨメさんとの『沼津旅行』も『ツインレイクミーティング』も『48キャンプ』も、快適な天候で渋滞もなかった為に感じなかった事だった

無事に帰ってこれたけど、何かあってからでは遅い

雨でもアリで楽しかったし、次も行くつもりではあるが、自分の装備の見直しは勉強になったし、次に活かしたいと思う

ヨメさんと呑みに行って今回の報告をしながら、改めて考えさせられた

『次こそは』で、経験を活かした真価を発揮し、進化していきたい

きっとダニエルは、そんな事を考えないのだろうな……

偶然にも次号発売のバイブズ『THE WILDMAN』は、そんなダニエルが主役です(笑)バイブズ買ってね! お楽しみに!!

*****おわり