石川PAで合流したダニエルがあまりの雨に「帰る」と言い出した(汗)

ここに到着するまでの雨にビビッたのだろうが、今日一日こんな天気でキャンプならテンションが下がる気持ちも解る。しかも一泊二日で明日帰るのだから無理もない。別に強制ではないのでソコで引き止めるつもりもないし、オレは独りでも行くつもりだった

が、問題なのは装備で、オレは『今回の雨のため』に『ダニエルと2人』の装備をしてきていて、独りで行くなら必要の無い物がたくさんあった

例えば1人ならタープなんていらないし、自分のテントだけ確保して雨の間は何処かで酒でも呑んでいればいい

今回安い1人用のテントを買って持ってきていたが、コレはダニエルも1人用のテントだと言うので高さを同じにする為に合わせ、テントの上にタープで屋根を作るつもりでいた

オレだけなら従来の小川キャンパルのテントの方が雨をしのげる前室があって、しっかりした作りなので防水性も高い。コッチを持ってくればタープなんていらないのだ

バーベキューコンロも不要で、1人なら別に火なんて起こさなくていいし、到着してテントだけを張って寝床を確保さえすれば、あとは夜に寝るまで知り合いを探して呑んでいればいい

ダニエルが引き返すのは構わないが、それならここからのタープやバーベキューコンロなんて余計な荷物にしかならない。いっそオレも引き返してもう一度荷物を整理し、テントもしっかりしたテントの方に交換したい。ただ、それを今この雨の中また戻って、再度出発する事が面倒でならなかった

雨の中戻るのも面倒、不要と解っていながら重たいだけのバーベキューコンロやタープを積んで走るのも気が重い。30分ぐらい悩んでいると会場にいるブルから電話があって、既に向こうは雨も小降りで止んできているらしい。話しを聞いたダニエルが、今度は「やっぱり行こう」と言い出した(怒)

自己責任なので無理矢理連れて行く気はなかったが「(なんだよコイツ…)」と思いながらも改めて出発する事が決まり、目的地である長野を目指してスタートした

談合坂サービスエリアまで来るとだいぶ雨は止んできたし、寒さがない分マシだった。去年の独立記念キャンプはロナウドと二人で走ったが、とにかく休憩が多くて長いロナウドに比べ、ダニエルは休憩が短くてすぐに先を目指そうとする

双葉サービスエリアまで来ると、ほぼ雨も止んできたがカッパを脱ぐには早い、そんな空模様だった

直前までグズッていたダニエルはすっかり割り切ったのかテンションも高いのだが、やっぱり装備はチョロくてカッパもナイロン系の重ね着に上着だけ更にゴアテックス…

「(ナイロンの重ね着って…:汗)」ダニエルも25年近く同じハーレーに乗り続けているのに、その経験が活かされているとは思えない(汗)

ヤツが履いているブーツカバーを見ながら、そんな事を思うのだった

つづく*****