1人用のテントを探しに、ヨメさんと近所のアウトドアショップへ行った

「呑んでるじゃん」という声が聞こえてきそうだが、1駅先にある店なので、それなら散歩がてらに呑みながら歩いて、「帰りにいつもの居酒屋で呑み直して帰ってこようや」というわけだ

向かっている途中、前に住んでいたアパートの近くを通った

以前公開した昔の写真がここと同じ場所である(笑)

今の家から歩いて行ける距離で『THE WILDMAN』の第94話『引っ越そう!』で描いたように、節約してラジオフライヤーでピストン輸送を繰り返したぐらいの近所なのだが、昔はこのスペースでバイクをイジッたり修理したりしていた

それこそ外なので夏は朝早く起きて涼しい時間帯に全身に虫除けスプレーを塗り、午前中が終わるお昼頃になってくると汗ダクでろくに見えなくなってきて断念

冬は陽が落ちる時間までが勝負で、どんどん暗くなる外で慌てて作業し、結局終わらず真っ暗になってしまい、自動販売機まで押していって自動販売機の灯りで作業を続けたりしたっけ(笑)

ちなみにそんな懐かしい自販機もまだあった(笑)コイツにも世話になったなぁ…。ボルトやワッシャーなんて落とすと見つからなくて大変だった(汗)

そんな寄り道をしながらアウトドアショップに到着し、1人用の小さいテントを調べた。今までの経験も活かしながらちょっとじっくり考える事にしてこの日は買わずに店を出て、少し離れたいつもの居酒屋で呑み直そうとなったのだが、ちょっと面倒くさくなってしまった

二人とも既に酔っ払っているので「わざわざここから行かなくてもいいか?」の提案に二人とも「異議なし」になってしまい「この近くで他の店を探してみるか?」の意見にも即「賛成」となる(笑)

そんな中で入ってみた、見た目怪しいお店が大当たりでメチャクチャ美味い

魚の料理も充実していて刺身も新鮮

値段もリーズナブルで「スゲェじゃんこの店!」と盛り上がった

店長さんに「美味いッスね」と話しかけると、なんと3人の店長さんで交代しながら24時間やっていて年中無休だと言う

〆は途中の立ち食いそば屋で冷やしうどんを食べ、1人用テントは見つけられなかったものの、とんでもない店を発見したと大喜びで帰るのであった(笑)