最近はあまり見かけなくなったが、一時バイブズで『バッグ派VS箱派』の論争を目にした

バッグ派の箱派への否定っぷりが凄かったのが印象的だったが、それは昨日話した「便利なら何だっていいのか?」からくる『カッコよくなくなるじゃん』が最大の理由だと思う

オレはバッグの時と箱を積む時と使い分けていて、キャンプツーリングの時には箱を積むし、ホテル泊の時にはバッグだけである

箱は荷物が安定するし中身が壊れないのはもちろんだが、着いてからテーブルがわりに使えるのも便利だし、逆にホテル泊の時には箱は邪魔で運ぶ手間も面倒になるのでバッグのみにしている

昔はホームセンターで買ったプラスチックのコンテナBOXを積んでいたぐらいなので、バッグ派が言うほど箱派がおかしいとも思わないし、便利なのは悪い事ではない(写真はマイクのパンヘッド、コイツも麻袋に頼り過ぎである:笑)

それこそプラスチックのコンテナBOXをハンダで溶かして穴を開け、コンテナBOXとバイクを縛って固定してしまい、上のフタだけ開ければ荷物を取り出せるようにしてみたり、ステッカーをペタペタ貼って雰囲気を出し、少しでもホームセンター感が出ないように工夫したりもした

次に手を出したのがアメリカの工具箱で、これなら箱型で大きく容量もあるし、積んだ見た目も悪くない

それから今のアルミのコンテナを発見し、これなら軽くて錆ない、ペイントして使えば見た目もバッチリとなって、今も使い続けているのだ

フタは無いデザインなので到着してから『台』として使うのには不向きかも知れないが、これはジャバラのアルミの板を入れて積み、現地で広げて使う事で解決できた

カバン屋のモッチーはカバン屋だからか箱派に否定的だったのだが「オレも箱を積むよ」と写真を見せると「コレならアリ!」と言っていた

要はそうゆう事で、逆に言えばカッコイイ箱があるなら、バッグ派だって箱派になり得るというわけだ

もともと箱派の人だってもちろん参考になるし、色んなジャンルのハーレー乗りがいても、それだけ『荷物を積むタイプ』のニーズはあるって事で、だったらそういうカタチにイジッたショーバイクが少しはあったっていいのになと思った

ホットロッドショーやジョインツなんかの大きいイベントでは、焚き火を囲うイメージのジオラマを再現した旧車のハーレーを観た事があるけど、それでもさすがに荷物を積んだりはしていなかった

バイブズとかでも取り上げないかなと思ったけど、そもそもそういう視点でイジッたお店とかが出てこなければ取り上げようがないもんな(笑)

『近距離タイプ』『スピードタイプ』以外の、『カッコよく積みたいタイプ』もいるんだって意見、どう思いますか(笑)?

*****おわり