今回初めてツインレイクミーティングに参加して、ナオキのチームに混ぜてもらって一緒に走った

ドウゾノさん、タケルくん、サクちゃん、ナオキの4人だが、もともとナオキと知り合った『48キャンプ』ではナオキは車で来ていたので、バイクで一緒に走るのはナオキとも初めてだった

東関道の湾岸習志野PAで合流し、そこから一緒に走ったのだが、チームとして実によくまとまっていて、感心した

先頭をナオキが走り、オレをちゃんと間に挟み誰かがケツ持ちとして最後尾を走る陣形を崩さない

実は東関道を走ってすぐ、高速道路上を巨大なビニール袋が飛んできた

冷蔵庫とか大型の家電を入れる為であろうかというそのビニール袋は、結構な厚みもあるしっかりした丈夫なビニールで、コイツがフワフワと道路を這って向かってくる

避けようと思うのだが、先頭のナオキがかわすとビニール袋の進路が右に変わり、そうかと思えば次に避けた事でまた進路が変わってと、オレのバイクのド真ん中に突っ込んできた

これはホントに危なくて、フロントタイヤに巻き付いてしまい、完全に巻き付いてロックしてしまう前に何とか路肩に避難して停まった(汗)

無事に引き離して事なきを得たのだが、ケツ持ちだったタケルくんも一緒に停まって手伝ってくれたおかげで助かった(引き離したビニールをこのまま高速に残していく事も他のバイクに危ないので、オレが自分のバイクに積んで何処かで捨てると言うと、それならばとタケルくんがバイクに積んでくれた)

オレは初参加だったので高速のどこで降りるのか解らず、独り残されてたら困ったと思うが、タケルくんのおかげで助かったし、少し進むとナオキたちも高速の路肩で停まって待ってくれていたのでありがたかった

長くハーレーに乗ってきて、誰かのチームと一緒に走る機会も多かったが、そのスタイルはどれも違う

まだ1時間近くみんなで同じ方向を走る事になるのに、ほぼ現地解散と言うぐらいの場所で解散してバラバラに走ったり、停まる場所だけを知らされて各自が好き勝手バラバラに目的地に向かって走ったりすると「(みんなで走る意味あるのか?)」と思うし、「(だったらワザワザ時間合わせて集合する事なかったし、最初から自分のペースで起きて準備し、1人で行った方が気楽だった)」とすら思う。最後尾を走るケツ持ちが決まってるわけでもないので、「(誰かがハグれたり、故障でもして途中で止まってしまったらどうするんだろう…)」と思ってしまう

逆にまとまって走っていても結構な車の流れを我が物顔でバイクをねじ込んで止めてしまい、全台が右折したり、お店に入ったりするのも、オレは車のドライバーに申し訳なくて苦手だ

去年の独立記念キャンプじゃないが、昔から勝手を知っているロナウドと一緒に走ったりすると、ヤツは先頭を走るオレが、後ろのロナウドが確認できる、ミラーに映る位置をちゃんと把握して走っているので、とても走り易いし、意思の疎通が量れている相手と一緒に走るのはやっぱり楽しい

そんなだからか集団で走る事に結構わずらわしく感じる事も増えてきて、独りで走ればいいし、イザそういう場面になったら合わせられる、最近はずっとそんなスタイルになっていた

『正解はないし、オレが好きなだけ』と最初に断っておくが、オレ自身が昔、まだ高校生で高速すら走った事のないロナウドやダニエル、マイクたちを、夏のUTCに連れて行く為にヤツらを間に挟んで走り、オレが先頭、アレックスかビッチがケツ持ちという陣形で走ってきて、『下のモンは上が面倒を見る』体制でやってきたからか、ナオキたちの走り方がとても自分に合っていた

オレの勝手な自論だが、誰かと一緒に走っているのなら、相手の事を気にかけて走る事は当然だと思うし、それが嫌なら独りで走ればいいのだ

そういう考えであるオレにとって、ナオキたちはGWに島根県まで自走したというだけあってよくまとまっていたし、旅慣れていた

途中スーパーに寄って買い出しをしたのだが、そこから増えた荷物は、みんなで分担して積めばいいし、オレもそのつもりで別の袋やロープもすぐ出せるように用意していたのだが(キャンプツーリングの鉄則だよね)、なんとスーパーで段ボールをもらい、段ボールを3箱に分けてナオキ以外の3台に積んでしまった

「オレも積めるよ」と言っても「ここから近いんで大丈夫ッス」とあっけらかんと荷物の一番上に段ボールを積み上げ、それを更に固定して走ったが、荷崩れする事もなかったし、手際の良さに感心した

そうかと思えばヌケてる所もあって、会場に向かうまで先頭を走るナオキもサクちゃんも、ウインカーを点けない

ナオキに聞くと「スイッチが押しずらい位置にあるんだよなぁ」なんて言うし、後ろを走るオレは何処で曲がるのか解らないわけで、「(じゃあ、なぜ二人が先頭を走るのだ!?)」と思ってしまう(笑)

『しっかりしているようで、案外ヌケている』これが意外と重要で、だから『面白い』のである(笑)

つづく*****