二日目の朝、沼津港に向けて出発

距離にして2.3キロとなかなかの距離だがオレたちは歩いて向かう(笑)

まだ開いていない店ばかりの商店街の中を、朝から缶ビールを持った不審な夫婦が歩いている(笑)

商店街の中にこんな店が…この写真を朝からダニエル本人に送りつけてやった(笑)

商店街を抜けると小さいパン屋を発見

パン屋だからか朝から開いているが、パン以外にも揚げ物が売られており、酒の肴にピッタリである

しかもハムカツ¥30、コロッケ¥50と、とんでもなく安い!

超ソソられるのだが、ココでお腹いっぱいにしてしまうと、沼津港で食べられなくなってしまう…ヨメさんと協議の末、ハムカツとコロッケだけ買った(笑)

¥30のハムカツなので期待してなかったが、揚げたてのサクサクですごく美味しくて、二人で盛り上がった

沼津港まで半分くらい来たところでコンビニを見つけて給油(笑)「もうビールはいいか」とサワーにした

すっかり酔っ払って歩き、ついに沼津港に到着

お目当ての店は地元の人に教えてもらった『せきの』で、観光客で溢れる沼津港の中でも小さいお店だが、メチャクチャ美味い

昨日『のぎ』で食べて美味かった『ボタン海老の刺身』をまた食べた

当たり前だが超・新鮮で、海老の甘みがたまらない

『刺身の盛り合わせ』はこれで1人前

1人前でもヨメさんと二人で酒の肴にピッタリな量だったが、種類の多さにどれから食べようかホントに迷った

「こりゃ、もう日本酒を呑むっきゃないだろ☆」となって冷や酒をいただく。まだ午前中なのに酔っ払いモード全開である

銀ダラを焼いた『銀ダラの塩焼き』も珍しいから食べてみたが、コレも日本酒と合い、このままでもイケるが醤油を少しだけかけても美味かった

〆に定食でヨメさんは『穴子天丼』、オレは『マグロのすきみ丼』を頼んだ

もはや『美味い』なんて言葉は野暮でしかないが、一緒に出された味噌汁が、日本酒で酔っ払った胃をとてもやさしく温めてくれ、向かっている最中こそ「帰りはバスだな」なんて話していたが、ホロ酔いのままノンビリ歩いて帰るのであった(笑)

*****つづく