ようやく合流したロナウドが、出発直前にETCが反応しないと言い出した

実はロナウドは少し前に中古でETCを購入し、実際に高速に乗って使うのは今回が初めてだと言う

自宅を出る時には点いていたETCのインジゲーターのランプが、いつのまにか点かずに消えてしまっているらしい

「こういうのってどうなの? ランプが点かなくてもETCとしては反応するの?」そう聞かれても答えられなかった

事実、四国一周とかを走っているとETCが反応しない場所があったりして、道路公団の係の人に聞くと地方によっては電波が異なり、反応しない時があると言われて「何だそりゃ!」と思った事があった

何ともいえないが、どうせ首都高の入り口は目の前だし、とりあえず行ってみよう

行って反応しなければ最悪チケットをもらうか、ETCのカードを抜いて係員に読み込んでもらえばいいのだ

そう決まって、ロナウドが先頭を走って先にゲートに入り、反応しなかった時の事を考えオレが後ろで待つ作戦にして出発した

早々に首都高入り口に入ったがやはりロナウドのETCは反応せず、モタつきながらもカードを係員に渡して対応してもらい首都高に入る

そこから先はオレの方が詳しいので順番を入れ替えてオレが先頭を走った

首都高は車も多く、道幅も狭い

しかもオレたちが使う首都高は地下深くのトンネルからスタートする場所で、結構な坂を下ってから本線に合流する

本線に合流するまでの距離も短いので状況によってはオレたち2台が同時に入れるとは限らない

ロナウドには「オレが先に行ったとしても、後ろで来てなかったらゆっくり進みながら待ってるから、安全第一で慌てずに来いよ」と伝えていたし、案の定GW初日の首都高は混雑していた

上手く本線の流れに合流できたものの、ロナウドの姿が見えない

オレの後ろの、更に2〜3台後ろを走っているのだろうか?

とりあえず左側車線に移り、他の車と同じペースのまま流れに乗ってロナウドが追いついてくるのを待つ事にした

が、いくら待ってもロナウドが来ない

ミラーで耐えず後ろを気にして走っているのだが、ロナウドは現れない

さすがにおかしい、いつものロナウドならとっくに追いついている距離である

「(まさかアイツ…事故ったのか?)」そんな不安すら感じ始めたが、地下深くのトンネルの中なので、路肩に停まって待つ事もできない

どうしよう…そう思った時、ミラーでロナウドの姿が見えた

「(なんだ、よかった…)」と安心したが、その姿に違和感があった

トンネルの中なのに、無灯なのだ

「どうしたぁ?!」追いついて並走するロナウドに大きな声で呼びかけた

「ヘッドライトがスッ飛んで消えた!!」

「何ィ!?」

*****つづく