せっかくのGWという事で、ロナウド・ダニエルの3人で伊豆の土肥にある『さざ波キャンプ場』へ行く事になった

そこまで大した距離ではないのだが、道路がとんでもなく混みそうなので「なるべく早い時間に出発しようや」という話になって準備していた

「バーベキューコンロはオレが持っていくけど鉄板まで積むと重くなるからできれば避けたい」

「フライパンを持っていくよ」

「3人ならそれで充分か」

「折り畳めるソフトクーラーがあるけど、オレのだけじゃ足りないと思うぞ」

「オレも持ってるから積んで行くわ」

一泊二日なので必要最低限でいいのだけれど、それでもキャンプツーリングとなると荷物が増える

下準備の段階で結構な荷物になってしまう事にアタマを悩ませ、いつもキャンプの時には積んで行くアルミのコンテナは今回置いて行く事にした

ヨメさんと夏に四国一周する時などに使う為に造った大容量バッグに入れてみると、コンテナに入れる道具まで入って収まりがいい

コイツは裏地を防水で造っているので雨でも関係ないし、一泊二日のキャンプ道具でも余裕で入る

そして現地に着いてから背負う事ができるように造ったのでコンテナ無しで試してみて、アリなら延期になった独立記念キャンプの時にも使えるなと思ったのだ

次に問題になったのが『寒さ対策』で、本来海辺のキャンプ場で今のシーズンであればそこまで寒くないはず、ただこの日は寒気が入ってくる影響で、東北では雪すら降るという

自分なりに追究した究極防寒の最高レベルを『10』とするならそこまで必要ないにしても、そこそこの装備は用意しなければまずそうである

なのでインナー+ダウンパンツ+アウターの三層構造に決め、暑ければどれかを脱いで調整する事に決めた(これで大体『6』ぐらいのレベル)

荷物も完璧、装備もバッチリ

ただ、天気予報では前日の雨が当日の朝まで残りそうな予報で、カッパまで持って行くかが悩ませる

少なくても午前中には雨は上がり、そこから先は帰る翌日まで晴れる予報

それなら出発時間を遅らせればよいぐらいなのだが、遅く出れば渋滞は増すだろう

出発前日の夜の時点で雨は降り続け、判断しきれない

とりあえず早朝5時に起きて空模様と天気を確認して連絡を取り合い、理想は6時に出発

そう3人で決めて、翌日に備えるのであった

*****つづく