ヨメさんの帽子を造るのにヒッコリーの生地を使い果たしてしまったので、新しい生地を探しにいった

この日はオレとヨメさんが別々の用事があり、朝イチで出発して駅前でヨメさんと合流する計画を立てた

オレの方が先に終わって待つ事になったのだが、あまり早い時間だと開いているのもコンビニぐらいで、当然ながらどこも閉まっている……

なので不本意ではあるが、24時間空いているビールからツマミまで全品¥300の呑み屋で一杯やってヨメさんを待った(笑)

前回の生地はネットで見つけたのだが、ボディとなるオーバーオールやペインターパンツ、カバーオールと同じ幅のヒッコリー柄というのが見つからなくて大変だったので、今回は生地の問屋街に乗り込み、足を使って1件1件探し歩いた

歩き回って大変だったがその分収穫も大きく、お目当てだったヒッコリーを発見できたのはもちろん、最近ハマッていたクックマンのチェッカーフラッグ柄なんかも見つかり、これもベースに色々使えるなと買って帰る事にした

収穫があったという事は荷物が増えた事でもあって、朝から呑むわ・歩くわ・持つわでかなり疲れた(汗)

それでも『早起きは三文の徳』なのか帰って来ても昼過ぎだったので、せっかくのヨメさんの休日を有効に使おうと、一度荷物を置きに帰り、再び散歩に出て呑みに行った(笑)

今回生地の問屋街に初めて行ってみたのだが、問屋街だけあって生地屋さんが集中している街で、とても面白かった

カバンの金属金具やバックルなどの問屋街は結構行くし、革モノだけの問屋街も面白かったのだが(そういえばマジワニ革を買ったな:笑)、やはりソレに特化した街というのは値段が安いだけではなく、とんでもない品数が揃えられている

そしてネットでは探しきれなかった生地でも(ホントに見つからない)置いてあって、でもそのお店のホームページではやっぱり載ってないわけで、お店にしても全ての商品をネットで展開しているわけではない事も解った

「え! これならアレも造れるじゃん」になるモノだらけで(アロハシャツなんかも造れるぐらい)、本格的に周るなら1日じゃ足りないぐらいだろうし、また是非行きたいなと思った

しかし、職業柄か女性客・女性店員ばかりで、ヨメさんと一緒だったのが幸いだったとはいえ、ガラッパチのオレは物凄く違和感があって浮いているのだった……(汗)