昨日のブログで話したなかに登場した、『二階に新しくできた呑み屋に入ってみたら貸し切りで断られた店』だが、そこはもともとマンガ喫茶だった

当時自宅にパソコンがなくて携帯もガラケーだったオレは、たまにどうしても必要な調べモノが出てきたりすると、そこのマンガ喫茶にあるパソコンを利用していた

ある日、利用時間が終わったので会計を済ませて帰ろうとレジへ行くと、店員の女の子が酔っ払いのオヤジに怒鳴られている

どうやら利用時間から請求される金額に納得がいかない様子で「そんな説明は聞いてない!」だの「いいから店長を呼べよ!」だのと結構な剣幕である

店長はどこかに出ていて不在のようで、店内の従業員は女の子が1人だけ

レジから電話をかけて店長に事情を説明したようなのだが、オレもどうしたものかと困っていた

オレに気がついた女の子が「すいません、会計ですか?」と聞いてきたので「大丈夫ッスか?」と声をかけた

「今、店長がこちらに向かっているので大丈夫です」と答えるのだが、オレが支払ったお金を持つ手がブルブルガクガク震えている

その酔っ払いの剣幕がよほど怖いのか、それはもう今までこんなに震える手を見た事がないくらい、お札を持った指全部がブルブルブルブル震えている姿を見てさすがに気の毒になった

「じゃあオレも店長が来るまでココに居るよ」と言って、会計が終わっても女の子とオヤジの間に入り、レジの前に突っ立って待つ事にした

酔っ払いのオヤジはそんなオレが気に入らないのか「テメーは何なんだよ?」とオレに絡んできたのだが、言われてみれば確かにで別にオレも大した用事もない

「何なんでしょうね」とも言えず、もううるさいからこのまま警察に連れてっちゃおうか(駅前なので)なんて思いつつ、でも二階なのでこのオヤジ転げ落ちたりしそうだな……そうするとオレが捕まったりするのかな……なんて色んな事を考えてた(笑)

スポンサーリンク

結局『何かあったら止めたろ要員』のオレは「(しかしメンドクセーなこのオヤジ…)」なんて思いつつ、ヘラヘラやり過ごしては「笑ってるんじゃねぇ!」なんて怒鳴られたりしていて、店長が戻ってきたけれど、そこでまたオレが加担するとややこしくなりそうなので「じゃあ、オレは帰るわ」と女の子に伝えて帰ってきた

酔っ払いの顔はもちろん女の子の顔も覚えていないが、女の子に何度もお礼を言われたのは覚えている

昨日二階の呑み屋になっていた話をして思い出した、懐かしい(?)思い出である(笑)

 

*********************

昨日頂いたメールの紹介

 

→シャツ着てますよ!

サイズはピッタリです。

一枚ずつ楽しんで着ますね♪

 

先日ウチに来てTシャツを買ってくれたコウイチさんでした

ありがとうございます

3枚も買ってくれて、気に入ってもらえて光栄です

コウイチさんは「コレを着てマラソン大会に出る!」と言っていたので、さすが社会不適合者です

コレを着て1位になればより目立つでしょうが、コレを着て倒れて運ばれてしまうのも心配です(笑)

無理なく頑張ってください

ありがとうございました

スポンサーリンク