長く追究してきてある程度は落ち着いた防寒ではあったが、今年はもっと『軽くて動き易い防寒』を追究してみようと考えた

上着はプリマロフトとダウンの組み合わせにゴアテックスでカバーする事で、肌着を合わせても4枚で『防風』『防寒』『保温』を確保し、極寒の高速でも走行可能でありながら『メチャクチャ軽くて動きやすい』をあみ出す

下半身はどうするかで考えていたのが2種類あって、そのうちの1つ、低価格バージョンがこのダウンパンツだ

値段も¥3,000しないぐらいと安く、その分性能もたかが知れてるとは思ったが、こんなのでも今まで穿いてきたインナーよりは全然マシだし、かなり暖かい

身体にもフィットしている造りなので、この上からGパンとかも全然穿けそうである

一応左右にポケットはあるのでこのままアウターとしても穿けるのだろうが、ダウンの特性としてナイロン系が多く、バイクに乗ってマフラーやオイルタンクに触れれば溶けてしまうし、キャンプでも焚き火の火の粉でも浴びようものなら簡単に穴が開いてしまう

なので、『防壁』じゃないけれど、外から熱を守る為に布的なモノでガードする必要があるので、インナーとして使う事に決めていた

幸いインナーとして穿いても外からは全く解らないし、寝袋で寝る時にはアウターだけ脱いで、このインナーだけで寝てもよい

(↓見えないが、中に着ている:笑)

そう考えるとなかなか便利な物を手に入れたわけだが、もう1つ気になっていたのは値段も性能もワンランク上がり、このダウンパンツとも併用可能なアイテムだった

*つづく