ヨメさんが「明日の休みに友達と会ってくる」と言い出した

これだけ聞くと一見普通の話だが、その日は友人は仕事らしく、夜は会えるか解らないので朝の出勤途中にウチの最寄りの駅に寄るらしい

そこまでする用事ってナニゴトか? とコッチにしてみりゃ思うわけだが、友人が実家からもらってきた『干しイモ』を渡したいのだそうだ

 

干しイモ…………

オレにしてみれば全く理解できない話だが、干しイモを受け取る為にヨメさんは休日なのに早起きして、休日なのに朝から駅まで向かって行った

無事会って干しイモを頂いたという半ばどうでもいいようなメールがきて、せっかくだから一駅分一緒に電車に乗って付き合い、話しをして引き返して来ると言う

オレにしてみりゃ「まぁ、どうぞ」っていうか、コッチはそれに合わせて起きて、どうせならと朝から製作を進めている

そんな報告までイチイチいらないぐらいなのだが、その後「バイバイして戻って来るのに間違えて急行に乗ってしまい、自宅の駅を通過してしまった」という更にどうでもいいメールがきた

そんな事を言われてもどうする事もできないし、「朝っぱらから何やってんだ」ぐらいしか返す言葉もない

この日はいつも以上にヨメさんの不可解な行動に朝から振り回されていた

 

結構予定が重なっている休日で、税務署に行って銀行に行って薬局に行って家電量販店に行って都民が受けられる健康診断を予約していた

かなりスケジュールが詰まっている一日なのだが、できればどこかの隙でバイクの防寒対策の為に冬山登山のお店にも寄りたいぐらいだった

どれもが東西南北それぞれ違うものの、おおよそ駅前に集中しているので徒歩で行ったのだが、最後の健康診断だけは少し離れた場所にある

予約していた健康診断までの空いてる時間に済ませた、薬局の買い物も含めて遂に購入したiPadが重たくて邪魔だった

いっそ駅のコインロッカーに預けて、帰りに回収して帰ろうという事になったのだが、ヨメさんが携帯をカバンに入れたままコインロッカーを閉めてしまった

その為だけに一回精算して開けるわけにもいかず、「何やってんだよ? マジで……」とあきらめて、そのまま健康診断を済ませ、最近お気に入りの店で呑んで帰った

 

行動する時間が早かったので帰ってから少し寝たのだが、夜には目が覚めたオレは再び製作をはじめた

ヨメさんは相変わらず起きないので寝かしておいたが、オレが起きてから4時間以上経っても二階が静かなままなので、生きているのか心配になった

そろそろ生死の確認でも行くべきか? と思った頃、ヨメから「起きた」とメールがきて、なんでわざわざメールを送ってきたのかと思ったら、身体が固まって動かないと言う

「寝過ぎだろ!」と返信してシカトしたが、オレもさすがに疲れてそろそろ切り上げる事にした

 

寝酒に少し呑み直していてハラが減ってる事に気がついたが、時間も夜中だし何か食べようかそのまま寝ようかで迷った

空きっ腹ではあるがどうせ寝ればすぐ朝だし「食べないで寝るわ」と言うと、ヨメさんは薬を飲まなきゃならないから何か食べると言い出し、朝もらった干しイモをガツガツ食いだした

お前、よく食うなぁ…っていうか、オレは寝るけどお前また寝るの? 寝過ぎて身体が痛いぐらいなのに? と聞くと、当然のように「うん」と言う

 

そしてヨメは、薬を飲み忘れて寝た

何のために干しイモ食ったんだよ! っていうか、干しイモ食うために起きただけじゃん! と突っ込まずにいられないが、もはや呆れてカラ笑いするしかなかった

 

『常識では起こらない様な事をする仲間たち』を描いてきた『ザ・ワイルドマン』だが、実は最も身近に究極のワイルドマンが居たのかも知れない

そんな事を思うのだった