ワイルドマンTシャツを買いたいと、ロナウドが遊びに来た

通販でも買えるのだが、バイクで10分ぐらいと近所だし、理由の半分はいつもどおりバイクを動かしがてらなんだろうな

バイブズ独立記念キャンプの時に着てきた、ご自慢のバーバリーのダウンを着て「寒い、寒い」と言っていたので、やっぱりバイク用と街用とでは造りが違うのかも知れない(あたり前だと思うが:笑)

ガレージでコーヒーを飲みながら2時間ぐらい駄弁っていったが、『ザ・ワイルドマン』の原案である事実を知る張本人の1人だけに、サムの片思いの子に関しては「どこまで描く気なの?」と心配していた(本当に起きた事だけを描くと、面白さを超えて引いてしまうレベルの話もあるので、オレがある程度オブラートに包んでいる)

結局Tシャツを2枚もお買い上げ頂き、ホクホクして帰って行ったが、相変わらず磨き上げられたショベルはピカピカだった

今回改めて写真に撮ってみたが、スポーク1本1本まで磨かれていて、20年以上乗っているショベルなのにまるでコンプリートバイクのようである

いつかマンガに描きたいが、昔はUTC前日に寝ないで木の台を製作し、フラットフェンダーに載せて荷物が安定して積める状態にしたと自慢していた

が、最初の休憩に寄った海老名SAに着いた頃には、バイクの振動で木の台が大破し「そりゃ、オメー『木』じゃ割れるべよ」とみんなにバカにされてたヤツとは思えないぐらいだ(笑)

またバイブズの独立記念キャンプに参加する事になるとしたら、「今度こそ完璧な防寒で行く」と前回のリベンジに燃えてはいるが、さてどうなることやら(去年は余りの寒さにダウンの上からゴミ袋を履いて寝袋にこもり、ムレて汗ダクになって逆に冷えたらしい。15歳の時から知っているが、もう40歳を過ぎたし、今は某建設会社の課長なのに:笑)

さすがはワイルドマン(社会不適合者)の1人である

昔も今も、期待を裏切らないヤツなのでこれからも期待していきたいと思う