高知へ来てあっという間に三日目の朝を迎えた

この日はクリスマスが終わったばかりだからか、ひろめ市場内でも休みの店が多く、朝9時でも開いていない店が多くて人も少なかった

これはこれでちょうどいいなと思い、今のうちに市場内をぐるっと歩いて写真に撮って回る事にした

(*面白い資料になると思ったのだが、結構膨大な写真になってしまったので後日改めて紹介します:汗)

実は高知ではオレが好んで呑む『男梅サワー』が置いていない店が多いのだが、『しもだや』の社長にダメ元で相談してみると、なんと置いてくれる事になった(笑)

今までは割り切って店にある物を頼んでいたが、言ってみるもんだな(こんな融通が利く店なんてそうそう無いけど:笑)

この日はヨメさんが前から楽しみにしていたウナギ屋に行こうと決めていて、昼メシ時に屋台のオッちゃんに教えてもらったウナギ屋に行った

『うざく』という名前の、蒲焼きとキュウリの酢の物、シソがあえてある1品料理

『うなぎの白焼き』は塩でもワサビでもアリだが、やはりオレはワサビ醤油の方が好きだ

こんなの食べたら日本酒が呑みたくなるわな、という事で冷や酒を頂く

〆はオレがうな重で、ヨメさんは鰻にとろろがかけてあるウナギ雪なんとかという名前だった(←忘れちゃった:汗)

この店を薦められた理由は、一般的なウナギ屋さんと違って蒸してから焼かない、最初から蒸さずに焼くので、より表面はカリッと中はフワフワになるとの事で、教えてもらった通り確かに美味しかった

やはりそれなりのお値段はしたが、ヨメさんは大満足でとても喜んでいたし、是非また行きたいと騒いでいるので、また高知に来る時には寄ってみようと思う

夜に再びひろめ市場に舞い戻り、ウナギを食べた報告をして呑み直した

たまたま同じテーブルになった岡山から来たというカップルと意気投合して盛り上がり、閉店近くまで一緒に呑んで、屋台のオッちゃんにウナギ屋さんの結果報告を言いに行った

初日に食べて美味しかった塩ラーメンを再び食べて、大満足で高知最後の夜を過ごした

 

(つづく)

 

*********************

高知旅行のブログの最中に年越しを迎えてしまった(汗)

新年年明けも続くのだけれど、今年もお疲れさまでした

来年もよろしくお願いします

良いお年を!