10月にお願いしていた『足元』が完成した

実は、サボサンダルを作ってもらっていたのだ

クロックスから発展してスリッポンのサンダルにハマったオレは、次にビルケンシュトックを手に入れた

この快適さにドハマりし、自分でマスキングして染めQでフレアをペイントし、これを履いてバイブズミーティング仙台に行ったぐらい愛用していた(バイブズ前編集長の奥さんに「危ないのにバカじゃないの?」と本気で怒られた:汗)

が、長く使いコルクもボロボロに剥がれてしまい、新しいビルケンシュトックを用意するかで迷っていた

時期をズラしてから買った色違いのビルケンシュトックも、だいぶヘタれてきてしまった

ビルケンシュトックは修理もできるのだが、ここまでヒドイと新品を買っても変わらないぐらい費用がかかってしまう

そんな中で出会ったのがこのサボサンダルで、値段もそんなに変わらない上に、ベルトを後ろに回す事で脱げないようにもなる

ココが非情に重要で、こうする事でツッカケとしても履けるし、ベルトを後ろに回して脱げずに走る事だってできるわけだ(走らないけど)

このつま先部分がおおわれているスリッポンサンダルは、結構使い勝手が良くて靴下を履けば冬でも履ける

さすがに真冬の高速とかを走り続ければシンドイだろうが、つま先がおおわれているので走行中に前から来る風も受けず、バイクにも乗れるのである

しかし以前ビルケンシュトックでハーレーのキックを踏んだ時に凄まじいケッチンを喰らい、右足のサンダルがフッ飛んだ

それはもう結構な距離で、5mぐらい飛んでったので人に当たったらさすがに危ないなと思っていたのだ

コイツなら使い分けができるのでバイクのキックも踏めるし、『Cookman』のチェッカーフラッグのパンツやデュベティカのダウンとも合う

ソールも減れば張り替えられるそうなので、これからはコイツを履き潰そうと思う

ちなみに今一番便利に感じているのは、居酒屋に履いて行って、着いたら座敷じゃなくても簡単に脱げる事です(笑)

オッさん的発想なんだけれど、やっぱりラクなのだ(笑)