バイクに積載するのに適したクーラーボックスといえば、柔らかく畳めるソフトクーラーで、持っている人も多いのでは?と思う

ウチも長年『バイク用』と『近所のお花見用』と使い分けて、密閉性の高いクーラーボックスはバイクには積まずにラジオフライヤーに積んだりしていた(写真は今年のお花見。下の写真の一番手前のブルーの箱がクーラーボックス。もう旧いので買い替えたいのだが、なかなか壊れない…)

ソフトクーラーなんてやはり気休め程度の性能しかなかったわけなのだけれど、向こう(大阪)で何日も過ごすならこれを機会に買い直すか?ってなモンで、今回買い直したソフトクーラーがコレ

なんか釣り人とかも持ってそうなかなりしっかりしたソフトクーラー

ロゴス製なので性能の割には値段も安く、酒呑み二人でも容量は充分(大・中・小と3サイズあったが、これは中サイズ。大サイズになると普通のクーラーボックスと変わらない大きさ)

そして当然畳めるのである

中心のジッパーを閉め切ってしまえばこんなにコンパクトになる

コイツ専用の保冷剤も別売りで売っていて、内側の専用ポケットに保冷剤までセットすれば11時間も持続するという

今回は向こうで冷やせない以上保冷剤は持って行かなかったが、氷を足すだけでもかなりの量の飲み物を冷やす事ができたし、もともと持っていたソフトクーラーとはケタ違いの性能だった

ソフトクーラーなんだけど、もはや普通のクーラーボックスと大して変わらないぐらいの性能で、「こんなに進化してるんだ」と驚いた

畳んだ状態で積んで行って、現地で広げて冷やせる

これも今後ウチらのアイテムの中で必需品になるであろう、1軍入り決定のお勧めアイテムだ