いよいよ帰る最終日の朝、この日は朝6:00に起きて撤収の片づけを始めていた

『バイブズミーティングあるある』で混雑し出す前に、全体写真が始まる朝9:00くらいの隙を見て出たいと思っていたのだが、帰りもブルが荷物を東京まで運んでくれると言ってくれた

ホントに助かってありがたくて足を向けて寝れないぐらいで(寝るけど)、そんなブルが車で積みにきてくれるまでに全てを片づけなければならない

来る時には東京から11時間近くかかった

今日は途中にある静岡県の沼津で1泊してから帰るつもりだが、沼津まででも400kmぐらいはあるだろうか……45歳のオレとヨメとハーレーにはなかなかの距離である

テントを畳んでゴミ捨て場にゴミを運びながら、バイクで通れる道を確かめて戻った

車で来たゲンさんは「午前中まで店を出して、のんびり帰ります」と言ってた

そんな中でラーメン屋のオッちゃんがゲンさんのお店に来てナンバープレートを注文してくれたのが嬉しかった

荷物を運んでくれるブルにお礼を言って、バイブズの編集部の方たちに挨拶をして帰ろうという事になったのだが、全体写真の撮影前でとてもそんな雰囲気ではない

実は去年、バイブズミーティング苗場の時に同じように全体写真前に挨拶に行ってしまい、ステージ裏でヨメとモジモジしてたら植村元編集長が只野社長を呼んできてくれて、全体写真を待っている方たちの冷ややかな視線を浴びてしまったのだ

どう考えてもそれどころじゃない空気だったので後でLINEで報告だけする事にして、出発する事にした

会場を出た所でバイブズ編集部の早乙女さんが気がついてくれ、短かったけれどお礼が言えたのでよかった

来る時には渋滞を回避する為に堺を回ってきたのだが、考えた末に帰りも同じルートで帰る事にした

出てすぐに、前日お店に来てくれた着物姿の「ボクも同じ年のハーレーに乗りたい」と言っていたコとバッタリ会ってしばらく一緒に走った

さすがに着物姿ではなかったが、荷物のすき間にぞうりを挟んでる辺りが旅慣れてる感を感じさせた(笑)

今回もあっという間に終ってしまったバイブズミーティングだけれど、ヨメさんが「楽しかった」ととにかく喜んでいたのが印象深かった

いつも楽しんでいるヨメだけれど、今回は今までで一番喜んでいた

オレはもちろんなのだが、やっぱりオレの都合で連れてきたヨメが喜んでくれるのが何よりだ

遠かったし雨で泥だらけだったし強風で眠れなかったらしいが、やはりハードルが高いからこそそれを超えた時の喜びは大きいのかも知れない

思えば到着した初日、真っ暗の中で冷えていない缶ビールを分けてくださったお店に救われたが、それでもホントに美味しいと感じたのはノドの乾きと疲労なんかをひっくるめた全ての『達成感』というハードルを越えられたからなのかも知れない

 

後は『人』だな

今回もまた多くの人に救われた

来てくれたお客さんに逢えた事はもちろんなのだが、荷物を運んでくれたブルや一緒にお店をやってくれたゲンさん、わざわざ香川県から2回もチャレンジして駆けつけてくれた上○さん

そういった人たちとのふれ合いもまた、ヨメが「楽しかった」と喜んでいる大きな理由の一つなんだろうなと思った

オレはロングツーリングの時はインカムをつけて後ろのヨメさんと話しながら走っている

しょうもない事ばかり話しながら目的地を目指すのだが、今回は『何が楽しかったか』を後ろのヨメと色々言い合いながら走った

行きと同じように名阪国道の香芝SAでガソリンを入れ、亀山から入って御在所SAに寄り、伊勢湾岸道路を走る

天気は申し分ないけど、やっぱり風は強い気がした

バイクの調子も良いけれど、今回のミーティングで泥だらけだ

「お前も頑張るよなぁ…」なんてねぎらいつつ、SAに寄る度にからまった葉っぱや木の枝を取ってやった

ヨメさんが「浜名湖SAでウナギが食べたい」と言い出し、そういえば今年の夏に高知に行った時にウナギを食べさせてやりたかったのだが叶えられなかった事を思い出した

静岡県は長く、愛知県の岡崎の先だがまだまだ走る事になる

岡崎にはテッちゃんがいて、今年のバイブズミーティングに行くと言っていたのに会えなかった

バーナードさんがヘルメット屋さんとして出店してたのは驚いたけど、他のお店を回ったりは殆んどできなかった

去年のバイブズミーティング苗場の時は、それでもヨメさんにネックレスを買ってやれたんだけど、今年はそんなヒマもなくて、何もしてやれないまま帰って来てしまった

そうなるとやっぱりウナギはちょうどいいかも知れないなと思った(笑)

安い方だから中国産らしい(なんで浜名湖で売ってるんだろ…)でも美味しかった

夏に高知で美味しいウナギ屋さんを調べている時に、屋台の大将が「四万十の天然ウナギなんて、筋肉質で脂が乗ってないから全然美味くないんだぜ」と教えてくれて、そう言われてみれば確かに!と驚いたのだが、庶民のオレたちにはコレで充分である(笑)

浜名湖から沼津まではまだしばらくあって、やっぱり夕方頃になりそうだ

最近高知ばかりでしばらく沼津に行けなかったので、今回是非寄って帰ろうと決めていた

が、4日ぶりの風呂に連日の疲れで到着してもどこまで知り合いの所に行けるのか自信がなかった

案の定沼津に到着したのは17:00過ぎだが、先の裾野で10kmの渋滞、もっと先の大井松田で25kmの渋滞と出ていたから、我ながら正しい選択をしたと思ったし、このまま東京までイッキに帰ってたらと思うとゾッとした(汗)

すごく久しぶりに風呂に入って、着替えも汚いのだけれどだいぶ生き返った

1年ぶり近くになる『のぎ』に行き、ヨメさんと二人でお疲れさん会をした

カウンターでヨメさんと肩を並べて呑んで、ささやかな打ち上げはとても楽しい時間だった

久しぶりに来た『のぎ』は美味しかったけれどやっぱりすぐに酔っ払ってフラフラで、結局ホリさんの店にもワタちゃんの店にも鈴木さんの店にも行けず、ホテルの前のバー『キングコング』にだけ顔を出した

マンガに描いているUTCでも同じだけれど、この『何日も外で過ごして久しぶりに風呂に入ってちゃんとした生活に戻る時』の、身体のフワフワした感覚は何なのだろう?

マラソンでいうなら『ランナーズハイ』のような、トランス状態とでも言おうか、不思議な感覚……

多分バイブズミーティングに参加した人なら、絶対一度は味わってると思うんだけどな……

 

(つづく)

 

*********************

昨日嬉しいメールが届いたので紹介します

 

VIBES大阪、お疲れ様でした。

新潟の無職の米山です(笑)

ワイルドマン、初めて読んだ時から昔の自分達とシンクロしちゃって、同じ時代を同じ様に過ごして来たワタナベさんに何時か会ってみたい!ってズット思っていて、今回その夢が叶いました。

無事Tシャツもget出来たし大阪まで走った甲斐もあったってモンだ(笑)

これからも応援してるんで頑張って下さい。

勝手ながらワタナベさんを同志の様に思ってるんで(笑)

また何処かのmtgで会いましょう。

 

日本酒をくれたヨネヤマさんからメールが届きました

ありがとうございます!

新潟まで無事に帰れたようで何よりです(社会不適合者だなぁ)

『同志』の言葉もありがたく、ハーレーのマンガが世にない中で自分と仲間たちの話をベースにハーレー乗りはもちろん、乗っていない人や女子供たちまで「コイツらホント馬鹿だな…でも、楽しそうだな…」を伝えられないだろうか?と、無心で描いている作品に、「オレたちもそうだった」と共感を感じてもらえる方はまさに同志だと思っています(「やっぱそうッスよね!?」と呑んで盛り上がりたいくらいです:笑)

明日更新で完結するUTCの話もそうですが、キャンプツーリングのマンガなんて絶対ないと思うし、これからも頑張ります!

ありがとうございました!

 

P.S 頂いた日本酒はいつ開けようかヨメと相談中(実は内蔵の数値も大型免許なのでバイブズミーティングから帰ってきてからは呑まずに製作を続けているのです:笑)

自論だけれどビールとポテトチップは食べれても、日本酒とポテトチップはNGで、日本酒なら美味い肴で呑みたい

やっぱり明太子かなぁ……(笑)

オレにとってなかなかのイベントなので結果はまたブログで報告します

どうもありがとう!!