この日は日曜日で、高知は毎週日曜日に『日曜市』という市場が開かれる

早朝6時くらいから道路を閉鎖して色んな出店が並ぶので、なかなか面白いしこれを毎週日曜日にやっているのだから改めてスゴイと思う

ココは観光というよりも地元の人達を中心に開いていて、それでいて500mぐらいずっと出店が並ぶのでなかなかの眺めなのである

今日はココを通ってひろめ市場に向かった

今日も○岡さん・マーコさんと約束していて、午後から上○さんも来る

○岡さんつながりで、色んな縁が生まれた訳でもあるのだが、この○岡さん、見た目もどうみてもカタギには見えない風貌なのに加えてとにかく豪快

『ちょい悪オヤジ』レベルでは収まらない『マジ悪オヤジ』なので、高知出身で地元でもあるのだがこの『ひろめ市場』に来る目的はナンパでもある

冗談みたいだがホントにその通りで、市場内の8人用テーブルに座っているウチらの、空いている席に通りがかった知らない女性にどんどん声をかける

声をかけちゃ座らせて、女性たちの分まで全てご馳走するのを繰り返している訳なのだが、○岡さんもマーコさんも69歳である

いい大人どころか「ソコはもういいじゃん」と思わずにはいられないのだが、ホントにそれが楽しみみたいで、男が座ると機嫌が悪くなるどころか下手をすれば「ここに座るな」まで言う

高知の女性は『はちきん』と言われるぐらい酒も強ければ気も強い

なのでオレと仲良くなったオバちゃん達とは120%合わない事が解っているので、約束する日はカチ合わない様にズラしていた

が、この日はレイコさんが来て案の定モメだした(○岡さんが「ババアは嫌いだ」とか平気で言うからだが)

オレにはどっちにも義理があるので複雑な所なのだが、レイコさんに「今日は○岡さんと約束してるから」とコッソリ伝えたら「私、この人嫌い」と解りきった事を言って他のテーブルに行った

やれやれと思ったのもつかの間、『しもだや』で仕事していたテッちゃんが、仕事が終ったからと言って自分でビールを持ってオレの隣りに座ったのだ

テッちゃんも気難しい人で、珍しくオレたち夫婦には良くしてくれるのだが、ココも合うはずもなく「テッちゃん、この人(○岡さん)地元の人で、多分気ぃ悪くすると思うねん」とコッソリ伝えた

が、しかしテッちゃんもココで長く働き続ける頑固者で、その言葉に余計闘志を燃やしたのか一向に動こうとしない

挙げ句の果てに『しもだや』の大将までも「今日はヒマじゃけん」と自分のジョッキを持って更にオレの向かいに座り出してしまった

テッちゃんも大将も、ココで働く職人で、気性の荒い土佐の男なのである

すっかり機嫌が悪くなってしまった○岡さんだが、テッちゃんも大将も「そんな事は関係ない」と言わんばかりにオレとヨメに話しかけてくる

合流した上○さんとヨメと3人でテッちゃんと大将が引き上げるまで非常に気を揉んだが(特に○岡さんとマーコさんを昔から知る上◯さんは気を使っているようだった)、その後入れ替わりで座った49歳と59歳の女性二人の親子がメチャクチャ若くて、信じられないぐらいの美人だったおかげですっかり機嫌が直っていた

お互いを猛アピールしだした○岡さんとマーコさんが「お前のGパンは何だ」とか「お前のその時計はダサイ」と互いをディスり合っていて、どっちのカッコがイケてるか?を美人親子に聞いていた

マーコさんに軍配が上がって、引くぐらいマーコさんが喜び、○岡さんは「やっぱりババアにはオレの良さは解らない。昔からマーコはババアウケがいいからな」と捨てゼリフを吐いている姿を見て、やっぱり69歳とは思えない二人のバイタリティに、ただただ圧巻された三日目だった