ここ最近取りあげてきたアロハシャツだが、一般的なアロハは『レーヨン』か『コットン』の2種類が大半で、素材によって値段も違えば着心地も異なる

まず『レーヨン』だが、サラッとはしているものの、汗を吸うタイプではない為、本場ハワイの様に湿気が少なく風が通る土地には良いが(一度だけ行った事がある)、湿気が多くムシ暑い日本では不向きなのかも知れない

シワになり易いのも特徴で、普通に洗濯して干すのではシワだらけになってしまう

『コットン』はサラッと感こそ劣るものの、汗を吸うのでこちらの方が日本の気候には向いている気がする

ただ、生地特有の発色さや、鮮やかな絵柄などの再現性では『レーヨン』に劣る

昨日紹介したアロハはポリエステルかナイロン系の素材だと思うのだが、これはどちらもタグが無いので解らない

サラッと感は『レーヨン』に近いのだが、濡らしても30分ぐらいで乾いてしまうような勢いと軽さがある。そして発色も良く鮮やかな色が出ているあたりもレーヨンに近い気がする

番外編では『コットン』に『麻』が含まれているタイプなんかもあって、『コットン』よりも軽くて風通しも良い、汗も吸収してくれるのだが発色性も受け継いでしまっており、絵柄の鮮やかさなどでの再現性はやはり『レーヨン』に劣る

そして傷みやすいという欠点もあり、頻繁に洗濯するのには向かない

主流は『レーヨン』と『コットン』だが、素材と種類は結構豊富なアロハシャツ

『コットン』は基本値段は高めだが『レーヨン』は新品でも¥500で買ったアロハから、昔ヨメに買ってやった箱に入れられた高額な物まである

多分これは絵柄の手間やボタン(大抵アロハはヤシの実などを使った木のボタン)等を特別にあつらえたりして変わってくるのでは?と思うが(写真の高額アロハはプラスチックだが、この柄に合わせた形の丸ボタン)、『レーヨン』でも色々あるのだ

好みの問題だが個人的には『コットン』推しか、でも派手さでは『レーヨン』にはかなわない

そもそもハワイの人達は湿気の多い土地に住む日本人向けに作っていないんだろうな……

なかなか奥深いアロハ、今度買う時に参考にしてみてはいかがでしょうか?