家の斜め前にネコが大好きな通称ネコおばさんが居て、でも自分の家で飼っている以外にも野良猫にエサをあげるもんだから野良猫がたくさん懐いちゃって、トイレとかで周りに迷惑をかけるものだからお向かいさんやお隣りさんからは超・嫌われていて、オレは家の中でだけだけどネコを飼っているのでウチとだけ近所付き合いが続いていた

そんな中で更にエサを目当てに加わった新しい野良猫が、オレの家の前でトイレをする様になってしまった

『小』ならまだしも『大』になると臭いも強ければ片づけないといけない訳で、家のドアを開ける度にネコのトイレと化してしまった自宅前にホントに困った

超音波でネコを追っ払うという機械を買ってきて設置したりもしたけれど効果はなく、それどころか隣りの小学校に通う小学生から「変な音が聞こえる」と警察まで呼ばれ(子供にだけ聞こえる音階があるらしい)、いよいよ困ってエサをあげ続けるネコおばさんに訴えた

それでも全然取り合わないネコおばさんに痺れを切らして「じゃあ、もう今度見かけたら殺しますね」と言ったら「ネコ好きなあなたからそんな言葉が出ると思わなかった。ガッカリした」と言われ、その野良猫を別の引き取り手を探して連れて行った

本気で言ってる訳じゃないが、コッチにしてみれば「そこまで言わせるな」であって、別の引き取り手を探すという本腰を入れるタイミングが遅かったせいで、散々振り回されたコッチの気も知らないでどのクチが言うのか

それっきり斜め向かいのネコおばさんとは話もしなくなった

以前はかかさず挨拶をしていたし、近くの大きい病院でバッタリ会った時には旦那さんが入院している事を聞いたし、それからしばらくして亡くなった事も知った

独りになってしまって寂しかろうと思っていたけれど、自宅で5匹ネコを飼って、斜め向かいのお店には飼いきれない4匹の野良猫がいて、その内の1匹のトラブルに巻き込まれた訳だ

気の毒だと思ってきたけど、こうなると仕方もないし「別にいいや」と思ってしまう

結局オレもお向かいさんやお隣さんと同様に、ネコおばさんの村八分に加担する形になってしまった

それだけ不本意なんだけれど、でもしょうがない

ホントご近所付き合いは難しい(笑)

 

*ちなみにあちこち野良猫にオシッコをされるお向かいさんは、ネコおばさんの野良猫を見かけると水をかけて追い払いますが、ウチのロサは溺愛しています

酷い時は1時間以上自分の店に連れて行ってしまい、迎えに行くまで帰ってきません

図抜けて人懐っこいロサにも問題はありますが、同じネコでも扱い方の違いに驚きます