実はベッドで使っているマクラが、最近オレのアタマに合わない

ヘタッてきたのか低過ぎるのと、柔らか過ぎるのだ

そんな事情でマクラを探しているのだが「ネットの方が種類があるよ」というヨメに「マクラの固さなんて触ってみないと解らんじゃん」と断り、マクラを観にいく事にした

暑い日曜日だったのだが、昼間っから缶ビールを片手にマクラを観に行く姿の自分の写真をみて「オッさんやん!」とツッコミたくなったが(まぁ、もうオッさんなのだが)、炎天下の中ヨメさんと呑みながらデパートに向かった

デパートに着いて、中で涼みながら探してみたのだがなかなか良いのが無い

厳密に言えば、ウチはダブルベッドなので長いマクラが欲しいのだが、長いマクラで売っているのは『抱きマクラ』が支流で、変なカタチばかり

最近は『自分のアタマにそれぞれ合ったマクラ』がブームらしく、サンプルに置いてあるダブルベッドでもマクラはそれぞれ1人1個ずつタイプのマクラが並んでいる

オレはこの際1人1個に替えても全然良いのだが、ヨメはイヤだと言う

あとはロサが夏場の今の時期、マクラとベッドの壁に挟まって寝ているのだが、これが長いマクラじゃなくなってしまったらどうなるのだろう?

そう考えるとやはり現状の長いタイプのマクラの方が良さそうだ

そんな訳でこの日は諦めて、呑み直して帰る事にした

コッチ方面で行きつけの呑み屋が閉店してしまい「さて、どうしたものか」と思っていると、呼び込みのオジさんに「2杯ずつまで生ビールが¥200でいいよ」と声をかけられ「何?安い!」とその店に決めた

正当化する訳じゃないが、歩きながら呑んでいるので店に入る時点ですでにホロ酔い(この時は500mlのビール1缶と350mlの焼酎1缶)なので、1人2杯ずつも呑めれば充分なのである

で、これを頼んで¥6,000?!

呑んでる時には「ツマミが高いなぁ」なんて思ったけど、今こうしてブログに載せる為の写真を観てたら「これしか頼んでないじゃん!」と気がついた

あんな店、もう行かない(名前書きたいぐらいだけど)

 

お先マックラだよ!

……お後がよろしいようで(汗)