高円寺で古着屋巡りをしていた時、タバコ屋さんの前に灰皿が設置されていたので一休みしていた

そこは信号こそあるものの一方通行の小さく細い交差点で、その角でタバコを吸っていた時の事だ

2〜3メートル先をフラフラとトンボが降りてきて「あ…トンボだ…車に轢かれちゃうぞ……」なんて思いながらボンヤリ眺めていた

車が来れば飛んで逃げるだろうと思っていたのだが、車が来ても逃げないまま道路に横になっていて、1台目が通り過ぎたが幸い車のど真ん中だったのか無事で、2台目が来た時にも同じく轢かれなかった

そこで車は途切れたのだが、道路で動かないままなのでこのままではいつホントに轢かれてペチャンコになってしまうか解らない

助けてやろうと思って歩み寄って捕まえたのだが、外傷こそ無いのにすでに死んでいるのか動かなかった

まぁ、でもこのまま車に轢かれるよりはと思って道路のハジの、生け垣の所にソッと置いてやってその場を去った

歩きながら助けたトンボの事を考えていたのだが、オニヤンマやギンヤンマ、シオカラトンボやアカトンボ、カワトンボと、小さい頃よく捕まえたりしてきたトンボにはどれにも当てはまらない、観た事のないトンボだったのを不思議だなぁと思った

そこで気がついたのだが、6月初日でそもそもトンボなんかがいる時期なのだろうか?

夏のように暖かい日だったし、トンボの種類によってはもう飛んでいるのかも知れない

ただ、自分の感覚としてはやはり夏から秋にかけてがシーズンに思えて、ますますおかしいと思う様になった

 

そして結局、もう一度見に戻った(笑)

やはり死んでしまったのか、オレが置いた場所から動かないままだったトンボは、やはり見た事のないトンボで、写真に撮っておく事にした

これで水色ならシオカラトンボなのだが、オレンジに近いような黄色で、確かシオカラトンボのメスはどちらかというと黒や茶系だった気がする…でもこんな時期に飛んでいるのだろうか…

何だろこのトンボ……

 

不思議な体験をした

 

**********************

昨日頂いた応援メールを載せてみます

書き込みの様な感覚で見て頂ければと思います

**********************

今回のザ??ワイルドマンも、笑わせてもらいました。
私の好きな般若面も出てきたし (wildな登場人物ならではの定番)、写実的な魚もあり、ホラーもあり、コマごとに味わいました。

渡辺さんのブログが読みたくなるのは、自ら行動して感じたことを率直に書いているからだと思います。
ネットではなく直接 実物を見て買い物するように、事柄をじかに表しているのです。体験から得た、いきかたを。
それがいいのです。

シゲアキさんとヨメ殿とは、センスが攻めぎ合ってるようですね。却ってそれが良い刺激になっているのでしょう。
お互い、やさしいのです?

*****************************

名前を載せようか迷いましたが、とりあえず文面だけにしてみました(文字化けとおぼしき箇所もありますが文面ママ載せています)

この方は、前回の未掲載の時にも応援メールを頂いたのですが、今回もマンガの描写に対して的確な感想を頂き、描いてる側である自分の意図を汲んでくれているどころか「そんな箇所までちゃんと観てくれていたのか!」と感心するぐらい(正直小ネタを要所要所入れているけど、描きながら『気づかないだろうなぁ』と思っている事や、伏線も多いので)嬉しく思ったし「こりゃ手を抜けんぞ」とより引き締まる思いでした(笑)

描いてる側からすれば冥利に尽きる思いです。どうもありがとう

*****************************