先日、ヨメさんとお決まりの居酒屋まで『呑みながら散歩』をしながら古着屋巡りをしていた

そんな中、すごく久しぶりにGパンを買った

久しぶりに惚れ惚れする色の落ち具合のリーバイス501に一目惚れし、値段も安かったので衝動買いした

思えばGパンはもうずっと買わなくなって、その一番の理由は『ヴィンテージ』という便利な言葉でひとくくりにされて、どれもがバカバカしいぐらい高額になったからだ

多分同じ考えの人も多いのでは?と思うのだが、昔は安いから『古着』であったのに、いつのまにか『古着』=『ヴィンテージ』でくくられて、「こんな金額なら現行品買った方がいいじゃん」になって、でも技術も発達して現行品があらかじめ加工された上で第二次大戦モデルやなんやと完成度の高いレプリカが1本ン万円で出回る様になって、「そんな高いならディッキーズとかで十分だわ」と離れて行ってしまった

ちなみに一番上のオレの写真は、アロハは¥2,800だしLeeのペインターパンツは¥500でどっちも古着屋、ビーチサンダルは¥800だ

でも帽子だけはオーダーで生地から持ち込んで自分のアタマのサイズに合わせて造っているので¥18,000ぐらいした(改めて見ると、メチャクチャかも(笑))

なので当然それぐらいのお高いレプリカから、当時モノまでいくつか持ってはいるのだが、結局Gパン離れは進み、Gパン自体を買わないどころか穿かなくなってしまった

¥6,000しないぐらいだったので、多分レプリカの加工モノなんだと思うが、以前この店でキャントバステムのオーバーオールを誤表示なのか¥1,000で買った事があるので、まさかのレア物なのかも知れない(笑)

あくまで個人の好みでこれは自分の好みと前置きしてから言うが、ちまたでは◯◯オンスとかの超ブ厚いデニムとかが流行っているがオレにはハマらない

「(穿き込んで)自分の身体に合わせるんだ」なんて言われるが、そんな根気が持てないのだ(笑)

「ブーツの方がラクだよ」と言う人もいるし、オレも散々履いてきたけどオレはやっぱりサンダルの方がラクだった(笑)

自分は日本人で良かったと思っているし、日本以外の国に行ってみたいと思わないぐらい、食べ物も美味しいし人も温かい、徴兵制もない安全な国だと思う(ちなみに小ネタだが、今発売中のバイブズに載っているザ・ワイルドマン。ロッキーがジョニーに説明しているフライトジャケットのイラストには『AGAINST WAR!!』=『戦争反対!!』と入っている)

でも旧き良きアメリカと言われる、昔アメリカで造られたモノのセンスにはもの凄くリスペクトしている

自分の乗るハーレーを筆頭に、ここで紹介してきた多くがそういった類いの物ばかりだと思うが、そんな自分のファッションに最も刺激になるのは映画で、カッコイイなぁと思うスタイルが多い

昔からの流れでどうしてもコワモテチンピラ路線の方に行ってしまっているのだが、本当はアメリカの片田舎にポツンとあるバーで、ゆるく酒を呑んでいる様なワーク系のカッコが好きだ

よく『TシャツにGパン』なんて簡単に言うけど、実は結構難しいしホントに似合ってる人なんてごくごくわずかだと思う

ベストジーニストとか殿堂入りとか言うけれど、オレには全く?で(オレが推すならダントツでジェームスディーンだし、日本人なら『翼の折れたエンジェル』時代の中村あゆみかなぁ…男は…浮かばないや)ソコに関しては共感できていない(笑)

あくまで理想で目標だけれど、カレッジリングやヴィンテージのロレックスに、シンプルなネックレス程度で、それで白いTシャツにリーバイスの501、それでバッチリ決まってる、似合う人がカッコイイ

そこには今までの生きざまやオーラがあって、別に無精ヒゲだろうと薄毛だろうとしてもカッコイイ

そういうスタイルが似合う大人になりたい

映画みたいでしょう?解るかなぁ……

そんなシンプルながらも追究したスタイルで、いつかハーレーに乗ってやろうと思う

必要な理想のアイテムは全て持っているのだが、まだソコに到達できるカッコ良さ(生きざま)がともなっていない気がするからまだ着ない

いつか本当に肩の力を抜いた形でのカッコがソコに収まっていれば、自分がなりたい『カッコイイ大人』になれた時なのかも知れない