ヨメの実家に帰った

片道200kmの距離はまぁまぁのツーリングでもあるので当初はバイクで帰るだったが、天気予報では雨で、200km雨の中走るのならと電車を予約したのだが、そしたらズレて行きも帰りも超・晴天だった

いささか残念だがこればっかりは仕方ないので、割り切って電車の特権で行きも帰りも呑みっぱなしで帰った

実は今週、高知に旅行に行って、昨日&今日と帰省して、明日の日曜はビッチから「オレ(ビッチ)の誕生会をやるから遊びに来いよ」と誘われている

ビッチが何歳になろうが超どうでもいい事だが、普段漫画でコキ降ろしているので罪滅ぼしがわりにフリだけでも行ってやろうと思っている

そうなると来週更新する未掲載分の製作期間が過去最大級に少なくて、今回ばかりは不可能になってしまう

というか、来週はバイブズの発売週なのでお休みの週(再来月のバイブズ連載分を描く週)になるので「休みの週で良かった…」なのだが、読んでくれている人はご存知の通り『健康ランド』の続編なので、これは間が空いてしまうより続けた方がいいだろうなと思い、朝4:30までかかって何とか描き上げた

予約した電車の時間が迫っていて1時間半ぐらいしか寝ないで行ったので、電車の中では既にピヨピヨだったし、逆にバイクじゃなくてよかったのかも知れない

真面目そうだった甥っ子が大学生になって、茶髪にしてすっかり雰囲気も変わり「昔はコカコーラで(髪の色を)抜いたんだゼ」なんて余計な事を言ってドン引きされたりしたのだが、今回帰省したのはいよいよ会社を辞めたという話と、実は渡辺シゲアキという名前を語って(本名ではないのです)『ザ・ワイルドマン』という漫画を描いているという事を、ヨメの両親に伝える為でもあった

26年働いてきたレールからまさか外れるとは思ってなかっただろうし、娘親に対して心配以外何ものでもないのだが、嘘をついても仕方ないし、申し訳ないとしか言いようがない

20代のフリーターみたいに遊びたいから辞めた訳ではないので、「心配かけてすいません。頑張って結果を出します」と謝ってきた

一泊二日の強行帰省で慌ただしかったが、何とか描き終えた疲れもあってすごくたくさん寝た

肩の荷が下りたじゃないけれど、やっと報告できたという安心感もあったのかも知れない
今は蓄えだけで描いているが、それが尽きるまでに結果が出なかったら終わりで、アルバイトでも何でもしようと思う

こういう事って『運』もすっごい重要なのだけれど、材料がなくては運も何もない

今自分ができる事をやるしかなくて、それは毎週の更新を切らさない事や毎日のブログの更新だったりといった、ただただ地道な『継続』だ

その継続こそが、いかに重要かと思っている

もちろん保証なんかないが、やらない事には何もなくて、今自分ができる事をやるだけ、その一心だ

自分は一生サラリーマンだと思っていたし、そこから外れる事を理解してくれたヨメさんに心から感謝している

大げさなんかじゃなくオレにしてみれば『もう一つの人生』を与えられたようなものなのだ

それに応えたいと思う

 

 

とりあえず明日、ビッチをからかってきます