ワイルドマンで登場するキャラクターが来ているGベストを実際に造ろうと思って古着屋でGジャンを買ってきました

 

何度か説明しましたが、実話を元に描いているザ・ワイルドマンですが、実在していたクラブは別の名前です

『社会不適合者』という意味から作品名にしたザ・ワイルドマンで、連載当初の打ち合わせで作品内でのクラブ名も同じにする事になり、今日まで続いています

宣伝用じゃないけれど、1着ちゃんとしたヤツを造ろうかなと思いまして、どうせ造るならちゃんとしたのをと最初は自分が持っているリーバイスの3rdの袖を切ってしまおうかとも思ったのですが、襟にダメージがあったりと状態があまり良くないので別に探して買う事にしました

かなり状態の良いヤツが見つかり、これは色の落ち方も期待できそうな、良い感じのタテ落ちが既に始まっています

これの袖を切らなきゃいけない…のがもったいなくて、まだ切っていません(笑)

袖をカットしてから4〜5回洗濯して、いい感じにホツれさせてから刺繍屋に持って行こうと思っているのですが、このまま自分が着たいぐらいコンディションが良い物を買ってしまったため、踏ん切りがつかないのです(笑)

でもまぁ、あのWILD MANのロゴを、粗めのチェーンステッチでドカーンと大きく入れたらかなりイイ味が出ると思うので、近日中にやりたいと思っています