新しいバイブズが発売されているのでもういいかな?と思って言いますが、実はこの前バイブズの編集部の方たちと仕事の手伝いに行った際、新商品とかも入っているのかな…テントの紹介コーナーで片っ端からテントを張って、撮影するのを手伝ってきました

なので、現在発売中のバイブズ4月号のテントの紹介コーナーに、ちょこっとオイラが映っているのでヒマな人は探してみて下さい(笑)

 

その時に色んなメーカーのテントを張って触れ合う機会があったのですが、今は色んな形のテントがある…(知らないだけで昔からあったのかも知れないけれど…)中にはどうあっても1人では設置不可能なのでは?なんてモノもあって、とても面白かったです

今まで数多くのテントを所有してきましたが、失敗も多く、身をもって勉強してきたと言っても過言ではありません(笑)

当時リサイクルショップには流行にのっかってキャンプを始めたものの、結局続かなかったパパたちが手放してしまった状態の良いテントも多く、まだ値札が貼られていない入荷したばかりっぽいコー◯マンのテントを値段交渉し、¥4,000で売ってもらいました

結構大きな袋で、「袋に収まっていてこの大きさという事は相当大きいはず!」が目論みだったのですが、大喜びで買って帰って、途中の駐車場で広げて設置してみました

広げてみると案の定とても大きく、なんと8人用

状態をチェックしてみてもポールを引っかけるプラスチックのフックが1カ所割れているのみで、後は全然キレイで問題ナシ

「ホラ見ろ、やったぜベイビー!」てなもんで、お得感に酔いしれ大満足で帰ったものの、大き過ぎてバイクに積むには全く不向き……

テントの収納袋に入っている大きさから、『きっと大人が何人も寝られる大きいサイズなハズ!』という事は見抜けたものの、肝心の『自分のバイクに積む』という事に意識がいかなかったんですね(笑)

そんな失敗を含めて、当時はブームに乗っかっては止めるパパたちが手放したテントを、リサイクルショップを中心に4〜5つぐらい持っていた気がします

ただリサイクルショップで売りに出されるテントはどうしても家族用というかバイクに積む事を考えてないテントばかりだった為、ついに『良いちゃんとしたバイクに積めるテントを1個だけ持っていよう』と決めて落ち着いたのが、現在も使い続けている小川キャンパルの『ステイシー』なのでございます

これはもう10年近く使っているけど本当に便利

大人2人で充分な広さなので、バイクに積むにはまだ若干大きいけれど、それでも家族用のテントとかと違って横幅がハミ出さないサイズなのも魅力

何より色んなテントを使ってきてこだわったのが広い前室なのですが、これが非常に便利

雨で濡れちゃった靴なんかはもちろんですが、着替えなんかは中に収まって上でも大人2人が寝られるし(一応メーカー側からは『大人3人用』になっているの広さなので)、前室にクーラーボックスからカセットコンロ、食材からポリタンクまで余裕で収納できるのです

この前手伝った時に色んなテントを観て、ホントに小さい、大人1人用のテントなんかもあってイイなぁと思ったけど、実際オレの場合はヨメさんを連れて行く事が殆どなので、あまり使う機会はなさそうだしなぁ…

ワイルドマンに登場するブルなんかは、テントは完全に消耗品と割り切っていて、「使えなくなったら捨てて帰る」なんて発想の人もいるけど、一番の理想は使い慣れたテントをスマートにバイクに積んで、設置と撤収の早さなんだろうな……

以前ブログに載せたけど、どうしてもテントを張る=長く滞在してゆっくりする思考のオレは、そこそこな手間でも快適さも重視してしまう

ただ時代がもっと便利になって来て、広くて快適でも小さく畳めて軽い!なんてテントがこれから出てくるのであれば…そう考えるとちょっと楽しみなのかも知れません