一昨日ヨメさんと酒を呑みながら散歩をしまして、途中立ち寄った古着屋でいい感じのトートバッグを見つけました

『L.L.Bean』のトートバッグなのですが、なんと980円!
「安ッ!」と思ったのですが、汚れが激しいからなんですね……
確かに白のキャンパス地で、ヒドイ汚れは致命傷でもある訳で……「やっぱりナシかなぁ」とも思ったのですが、結局買ってしまいました(笑)

もともと白いキャンパス地のトートバッグは別に持っていて、大きくて容量もある為夏場とかを中心に重宝しています

これにカブッてしまう事になるのも大きな抵抗だったのですが、完全に用途を分けて、『L.L.Bean』は汚いなりに汚く使おうかなと
980円ならそれでもアリかという結論になった訳です

去年の暮れにお台場で開催された『稲妻フェスティバル』に行った時に、仲良くしてもらっている雑誌『ライトニング』の編集部スタッフの方にステンシルをいくつか作ってもらいました

オレとヨメの名前、ワイルドマンのタイトル、ネコ2匹の名前と計3種類作ってもらったのですが、これをペイントしたりして使ってもいいなと思いました
汚いなら汚いなりに、もうペンキとか使って手描きでガッツリと文字やイラストをペイントしてもいいだろうし、そうしたバッグを白のキャンパス地だって事を気にせず、バイクの工具とか汚れモノでもガンガン入れて使った方がカッコイイかな、と
それのベースとして『L.L.Bean』が980円なら全然アリじゃんと思った訳ですね

少し話が変わりますが、「こう使ったら面白いじゃん」的な『遊び』の時間が全然ない……
マンガ『ワイルドマン』を描き始めてからは、休みも関係無く延々描き続けている生活が続いているので、昔のように目的もなかった休日に「これをやってみよう」といった、どうでもいい事に没頭している時間が無くなってしまった……
相変わらず「これは何かに使えるな…」的な発想は尽きず、ひらめきで購入したり工夫したりする気持ちはあるんだけど、そこから作業する「遊ぶ」時間がなくなってしまいました……

会社を辞めてから時間的余裕はかなりできて、ワイルドマン製作(連載分、未掲載のアップ分共に)はすごく楽になったのだけど、25年続けてきたサラリーマン生活からせっかく解放されたのだから、今しばらくはもう少し遊んでもいいかなとも思っていて、でもこの前天気が良くて4月並みまで気温が上がるといっていた日に、一度だけバイクで近所を走ってきたぐらいで、基本は会社に行くヨメと合わせてオレもガレージにこもりっきりで描き続けている生活です

今回買った『L.L.Bean』のトートバッグをペイントしたり、オープンプライマリーのプレッシャープレートに何か手を加えたり、ローチャリのパンクを治したり、ガレージを少しマンガの製作もし易い様に改造したり、やりたい事はたくさんあるのですが、そういった「遊び」の時間がなかなか取れない……

今はまだ慣れないから仕方ないかも知れないけれど、そういった「遊び」はワイルドマンなんかの作品の中にも活かされてくる大事な『感性』の一つでもあると思うので、うまく両立させたいなぁと思いました