昨日オーダーでサドルバッグを造る話をしましたが、懐かしい写真が出てきました

初代サドルバッグですね

ボディは牛革でフタはラメの入った合皮で造ってます

以前紹介しましたが、もともと横田基地で買ってきた弾薬庫を工具入れにして積もうと思ってバイク側に弾薬庫を支える頑丈な『台』を造ってもらい

でもこれが完成してみれば工具を入れる前からすでに重くて断念……

それで残った台にカバンを付けて、その下にミサイルの様なデザインが気に入った工具箱をステッカーを貼りまくってブラ下げた訳ですね

ブラ下げるのは自転車のBMX用のガチャです

今あらためて観るとなかなかいい感じです(笑)

ただ紫外線で日焼けしてしまって、合皮が褪せていってしまったんですね

それであえなく断念…

コイツの工夫は、カバンは左右2つに付いているのですが、カバンの中の工具を使いたい場所までゴッソリ持って移動できる様に、同じサイズでインナーの袋を造ってもらい、二重構造にしてもらっている所です

今は2台目となって生まれ変わり、リニューアルされました

コイツの特化したウリはカバンの側面が空くところ

これにより上に荷物を大量に積んでも中身は出せるんですね(笑)

土台のベースは最初の台を流用しているので、ステッカーを貼ったミサイルの様な工具箱もそのまま使えます

自分の『乗り方に合った』、良い例のサドルバッグだと自画自賛ですが思っています(笑)

 

実際今も使っていますが、なかなか便利だしやはりこんなサドルバッグは売ってない、オーダーならではの1点モノなんです

バイクに合わせている点に関しても、自分のバイクにしか絶対合わないので、やはりせっかく造るならこれぐらいこだわった方がいいと思うのですが……(笑)