今日は『靴』のお話

オレの靴は2大柱で属にいう『ウインターブーツ』と呼ばれる冬用のブーツ

何度か紹介している『ソレル』と古着屋で見つけた『ラルフローレン』を使い分けています

どちらも裏地がかなりしっかりしている為、靴下は普通の靴下1枚で全然余裕でイケます

特にソレルに至っては裏地がそのまま外れてテントの中まで履けるインナーシューズにもなるモノなので、暖かさに関してはもうケタ外れです

連日紹介してきたアウターの組み合わせによって、この2つどちらかを使い分ける形になります

Aパターンと…

Bパターンですね

これで真冬だろうが高速だろうがまず寒さに関しては問題ないです

オレは電熱を使わないので、冬場の長距離は基本この形ですし、電熱の暖かさは得られませんが、サービスエリアとかでバイクから離れても寒さ知らずでいけるのは大事だと思います

 

思えば2年前の1月にバイブズラリーに参加して伊豆半島を1周した時もAパターンで行ったのですが、全然問題ありませんでした(笑)

この前の日曜日に用事があって1人で横田基地まで行きましたが、その時は10℃ちょっとの中を「まだ大丈夫かな…」と思ってスニーカーで乗りました

スニーカーは普通のバンズですが、中にはバイク用の靴下を1枚履いていたのですが、高速を走ったけど寒さは大丈夫でした

今は『遠赤外線』とかでとても暖かい靴下が出てますが、それ1枚でも10℃くらいならスニーカーでも充分暖かいですし、逆にあげれば上に紹介したウインターブーツの中にこういった靴下を履けば、より暖かくなるという訳ですね(個人的には蒸れるのではないかと思うぐらい暖かそうなので、試しません)

エンジニアブーツや編み上げ、ウエスタンブーツやコンバットブーツ、アイリッシュセッターなどブーツも色々持ってはいますが、真冬に寒さ知らずでバイクに乗るなら絶対この辺のブーツの方がオススメです

もはや普通のブーツは履けなくなるくらい、暖かいです

 

明日は『手袋』、グローブを紹介したいと思います