さて今日はパンツ(ズボン)のお話

防寒としてモモヒキというかスパッツというか、インナー的な物で固めるか、オーバーパンツと呼ばれるズボンの上から履く物で固めるかの2種類に別れます

インナー履いて+ズボン履いて+オーバーパンツを履けばそりゃ暖かいですが動きづらくなってしまう…

特にオレなんかはキックオンリーのバイクなので『動きやすさ』も非常に重要な所です

ちなみにインナーとして間違いないのはウインドストッパーと呼ばれる表地はナイロン裏地はフリース的な素材で、インナーならこれが一番でしょう

オレは20年近く前に買ったゴールドウインの上下を、ヨメさんは2年程前に買ったパワーエイジの上下をそれぞれ持っていますが、真冬に高速とかを走り続ける様な状況ならばやはりこのレベルが一番頼もしいかも知れません

20年近く前のオレのでもいまだに使えているので、それを考えると決して高い買い物では無いと思います

ちなみに個人的にですがユニ◯ロのヒート◯ックはナシです

というか暖かいと思えません

アレは着て動いた状態で出る『汗』が防寒?保温?につなげる原理なので、動かず一定の姿勢で走り続けるバイクには全く向いていないと思います

実際発売された当初さっそく試してみたものの、全然暖かくありませんでした

なので「ヒート◯ックって暖かい」と言っている『バイク乗り』は、原理としてそんなはず無いので気持ちの問題、錯覚なのだと思います

逆にトビ職や土木関係の親方が着る様な、ガチなインナー上下も持っているのですが、これは動かなくても暖かいし動きやすいしで、結構アリだと思います

ただ、ガチで良いヤツなので、上だけで4000円ちょっと、下だけでも4000円ちょっとと、値段が高めなのが難点で、それならもう少し出してウインドストッパー的なバイク用を買った方が確実だと思います

そんなインナー以外でのオーバーパンツでの最強レベルの防寒はこれ

北海道の『パウワウ』の『リノベーター』

確か7〜8年前に買ったヤツで、もう生産されてないって聞いたけど本当なのかな…

裏地全面がボアで胸まで隠すオーバーオールなので、ズボンの上からコレを履けばもう完璧で、インナーは不要です

さすが北海道のバイク屋が作っただけの事はあると納得の性能、これが下の最強レベルになります

『防寒のススメ 1』で紹介したウエスタンリバーのダウンの下にコレを履き、ダウンの上からゴアテックスの軍用パーカーで風をシャットダウンするのが最強レベルの防寒で、この組み合わせならインナーは必要ありません

逆にバズリクソンズのデッキジャケットなんかの『軍用』と組み合わせる為に使っているオーバーパンツがコレ

多分軍用のオーバーオールだと思うのですが、これも裏地全面が厚手のウールで覆われており、上のリノベーター程ではありませんが真冬の高速を走れるレベルのスペックがあります

軍用コートやデッキジャケットと併用してこの組み合わせとか、先にあげたダウン中心の組み合わせかが、本当に寒い時に使うオススメの防寒装備ですね

軍用は他にもパラシュートパンツ(MA-1とかのナイロン素材のズボンバーション)もかなり高いレベルの防寒性を持ち、昔それも履いていましたが、ナイロンなので『熱』に弱く、マフラーやオイルタンクに少しでも接触してしまうと溶けて穴が開いてしまうので、そこだけクリアできるのであれば、これもオススメできると思います

 

(明日は『靴』の防寒のお話…)