だいぶ涼しく過ごしやすくなってきました

今年はあまり『残暑』というのがなかった気がします

まぁ、ココ最近の暑さはちょっとさすがにしんどいので、残暑がなくても良い気さえしてしまいますが…

昔は残暑といえば夏が終わってしまう寂しさで、結構しんみりしたものなのですが…

さてそんな時期になってきて、いつまでもアロハでもなくそろそろ衣替えかなぁなどと思っていたら、ふと以前買ったツナギが目に入りまして

渋谷でたまたま見かけて買った、リーのデッドストックなんですが、確か2万円ぐらいしたかな……

たまたま入った店で見かけた衝動買いだったのですが、全体のシルエットが今のツナギではないラインで、ツナギでありながら足の裾の長さとか、全てが自分の身体にドンピシャのジャストサイズだったのです

ツナギやオーバーオールとかで自分の身体にピッタリのサイズってなかなか無くて、「これは運命だな」と都合良くとらえて買って帰ったんです

買った時にはそこまで細かくチェックしなかったのですが、よくよく細かく見てみると、かなりしっかり作られているんです

足はもちろんなのですが、手の裾までちゃんと立体裁断されていて、手の形と動きに合わせてカットされているんですね

袖のボタンもちゃんとボタンを留めた状態でボタンの金具が出てしまって、バイクや車の車体に傷が付かない様に二重のボタンホールになっているんです

『リー』って色んなのを作ってますが、昔はこんなに手の込んだ作りをしてたんだなぁと、買った後に気がついた嬉しい発見でした

長そでなので夏場は着れなかったけど、だんだん涼しくなってきて、またコレも着れる時期が近づいてきました

冬って寒いし本当は好きじゃないけど、空冷のハーレーにはとにかく良い環境だし(雪が降らない東京だからかも知れませんが…)、乾燥してるからバイクの音も良く響いてそこは気に入っています

 

また、薄着の夏とはまた違った、気に入った服がたくさん着れる季節でもあるので、それは楽しみでもあります

こんな気持ちの人はきっと、オレだけじゃないと思うんだけどなぁ……