オレの自宅は商店街のいちばーんハジッこにある店舗物件を借りて、1階にバイク2台を入れて普段はシャッターを閉めて生活している訳ですが、まぁ目の前が商店街という事でいろんな面でとても便利です

そんな家の斜め前に、チェーン店ではない、街イタリアンのお店があるのですが、そこがとても美味しいのです

近所だからとかのお世辞抜きにホントに美味しいのですが、近所の人達もよく来るので混雑している時が多く、特にオバちゃん達同士の集いになってる時(過去にあまりにうるさくて怒鳴りつけた経験アリ)や、子連れで子供をほったらかしでうるさい時なんかはどうしても行く気がせず、1〜2ヶ月に1度定期的に行く感じのお店です

でも美味しいのは確かなので、結婚する前にヨメを連れて行ってからヨメもすっかり気に入り、ヨメの両親が来た時に連れて行ったらとても気に入ってもらえたので、家に来る時には必ず連れて行っているお店です

斜め向かいなので、いっそ風呂に入って寝るだけ状態で両親を連れて行ってやりたいぐらいなのですが、さすがにそれは抵抗があるようで、歩いて4秒ぐらいでもちゃんとした服装で行きます(笑)

そのお店は40前後の地元の男性が経営しているのですが、驚くべき事に独学なのです

相当数の本を読んで勉強したりそれこそ『美味しんぼ』を全巻読んだりで、それでとんでもないクオリティの料理を作ります

パスタやピザももちろん美味しいのですが、オレの一番のお気に入りは『大山地鶏のガーリックソテー』で、ズッキーニやしめじ、ピーマン、赤唐辛子なんかをオリーブオイルで炒めた上に、バジルとニンニクを乗せた鶏肉をオーブンでカリカリに焼き上げたのが乗っています

表面は鳥の皮がパリパリで香ばしく、中はメチャメチャジューシーで、ビールとバツグンに合うのはもちろん、白メシも何杯でも食べれるくらい美味しいのです

特記すべきはお冷やで出てくる水までちゃん浄水された美味しい水で、この辺りもお店なりのこだわりが伺えると思います

 

そんなお店が今月いっぱいで閉店してしまう事を一昨日知って、ヨメと2人とてもショックを受けました

何やら奥さんの実家で暮らす事になったらしく、移った先でも飲食はやらないそうです……

本当になんてもったいない……

 

 

料理はセンスです

オレも普段はまったく料理をしませんが、食べている物に何が入っていて、何を足せば更に良くなるか、何と合うかが解るし、美味しかった物を自宅に戻って再現し、ヨメを喜ばしたりしていました(結婚する前ですが……)

キャンプなんかでも昔はよくビッチやキース、ロナウドやダニエル、マイクなんかにメシを作って食わせたもんです

もうハンゴーで追いつかない量を炊く時は鍋の取手をドライバーで外し、水の量と火加減全てを感覚で炊き上げ、取手を外しているからバイスグリッププライヤーでカマドから降ろしてましたっけ……

そういえばダッヂオーブンが流行した時に、さすがにバイクじゃ重くて積めないから流行に逆行して「日本人なら和食だろ!」と行平鍋を買ってもっていき、呑んだ〆に親子丼とみそ汁を作ってやった時もありました……

スゲー大好評で大成功だったんですが、次から次へと『おかわり』の催促が来て、行平鍋は1つしかないので酔っぱらった後なのにもう大忙しで、結局一人で親子丼を10人前ぐらい作り、その年でもう懲りました……

 

話がそれてしまいましたが、料理は感覚だと思います

誰にでもできる事じゃない

そのセンスを持っているのに辞めてしまう事が非常にもったいなく、残念に思いました

とりあえず閉店になってしまうまで、できる限り行こうという事になったので、近々写真もあげられると思います

ヨメは両親もコッチへ呼ぶと言っていたので、ヨメの両親とみんなでも行くと思います

本当にそれぐらい美味しいのです

 

はぁ………もったいないなぁ、しかし……残念だ