さておかげさまで無事帰還し、8泊9日間の四国一周二人旅が終了しました

総移動距離約1400km、天候に恵まれ(というか猛暑!)1973年のリジットショベルでトラブルは一つもありませんでした

オレもヨメもショベルも同じ44歳になりますが、そういった意味での一番の立役者は、コイツだったと思います

行きは東京から自走して大阪までで夕方になり、今まで途中の雨で足止めをくらったりといった休憩はなくても、大阪の吹田に着いた段階で16:00過ぎ、陽が落ちる時間にはまだだいぶありましたが、逆算すると淡路島あたりで夜になってしまう為、割り切って早めに吹田で宿を探して1泊しました。夜暗くなっても走り続ければ四国上陸までは可能なんでしょうが、せっかくの景色も何も見えないのではもったいないというのがヨメと相談した結論です

オレは上の写真の荷物にヨメを乗せているので、大体100〜120km巡航で走っています。あまりアクセルを開けたりもしないし、比較的一定速度で走り続けています。経験上、その方がボルトのゆるみとか不具合も少ない様に感じるからです

翌日大阪吹田を出て明石海峡大橋を渡り、淡路島に上陸。四国に渡る橋としてはこの他に瀬戸大橋としまなみ海道がありますが、この明石海峡大橋が一番好きです。緩やかな長い登り坂になっているトンネルの中を走り続けると、突然目の前が明るくなり、全面に海が広がるインパクトは、感動しかありません。おそらく東京から自走を続けて「やっと来た!」感も大きいのだと思います

淡路島上陸を果たして最初のSAで香川県在住の○原さんから電話があり、先の徳島で待ち合わせて高知まで案内してくれる事に。散々来たので道は知っているのですが、オレ達はいつも高速で行ってしまうので、下道では初めてでした。しかも吉野川上流のキレイな事……。途中道の駅で休憩し、食事までご馳走になって、念願の高知入りを果たします

高知は一番気に入っている街で知り合いも多く、旅の日程の中でもここでの滞在は5泊6日(笑)

知り合いもいっぱい居て、行くと皆が温かく迎えてくれます。初日は東京立川で20年以上居酒屋をやっている高知県出身の社長○岡さんと合流し、案内してくれた○原さん達と一緒に呑む事に。前回高知に来て、ヨメと二人で屋台で呑んでいた時に「もういらねぇから二人で呑みな」と自分の瓶ビールをくれたのが、社長の○岡さん。「どっから来たんだ?」「東京です」「オレは里帰りで来たけど、東京で居酒屋をやっているから、よかったら今度遊びに来いよ」と名刺を渡されまして、そんで7月に花火大会で立川に行く用事ができたんで、ヨメと「行ってみるか?」と名刺をたよりに行ったら「よく来たなぁ!」となりまして。それでオレがハーレーを乗っている話になったら「オレの後輩で香川に住んでるヤツがハーレーに乗ってるから」と酔った勢いで電話したと思ったら「今電話渡すから」とまったく面識のないオレに変わられまして。それが送ってくれた○原さん。バイブズの事も知っていて、オレが「ワイルドマンを描いています」といったらホントに驚いた様子で、「そうだったんかえ!」と……まぁ、何が『縁』になるか解らん様な、とんでもない出会いで夜遅くまで盛り上がるのでした

翌日からも高知ではもうずっと呑みっぱなし。高知はホントに酒呑みが多くて有名な街で、『ひろめ市場』はドーム型の巨大な建物の中に40〜50軒の色んな屋台が入っていて、朝9:00から空いてる呑み屋もあり、そこで朝から全開で呑むのがオレ達の日課です。そこで仲良くなった人達とずっと呑み続けている訳ですが、行く度にヨメに着物をくれた84歳の中村スミさんというおばあちゃんが(この人も酒豪で朝から呑んでて知り合った人)亡くなった事を知り、すごいショックを受けました。今回も当たり前の様に会えると思っていたので、ヨメもオレも本当に悲しかったです。心からご冥福をお祈りします

逆に嬉しかった事は、前日盛り上がった○岡さんや○原さん、まーこさん、メグちゃん等新しい知り合いができた事、中でも嬉しかったのはいつもオレ達が行くと、混んでても席を確保してくれる(正直人相だけはメッチャ怖い)居酒屋の大将が、閉店間際にメニューにもなければ注文もしていない『岩ガキ』を出してくれ「もう少しで店が終わるから、ちょっと付き合ってもう1軒行かないか?」と誘ってくれ、大将の奥さんが居る店に連れて行ってくれて、奥さんを紹介してくれた事です。長く通っていた店でしたが、そんな事は初めてだったので、ヨメと2人、とても嬉しかったです

翌日は○原さんが香川県からまた来てくれて、○原さん行きつけのお店に何件も連れて行ってもらい、そのすべてをご馳走になりました。ヨメと「(初対面のオレ達に)なんでそこまで…」と思う程のもてなしぶりで、申し訳なかったです。スナックが多かったけど、小さい居酒屋のおでんと、〆に頼んでくれたこの『一口おにぎり』が絶品で、ヨメとまた来よう!と決めました

ダメだ、とてもまとまりきらないので、次回に続きます………